Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

女性弁護士が「妊活パワハラ」の被害相談に回答

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























女性弁護士が「妊活パワハラ」の被害相談に回答

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本最大級の法律ポータルサイト
「弁護士ドットコム」が、2019年5月7日に「妊活パワハラ」に関する記事を公開した。

パワハラ
「弁護士ドットコム」は法律相談と弁護士検索のポータルサイト。法律相談は交通事故や金銭トラブルなどさまざまな悩みに弁護士がオンラインで回答。過去の相談事例の閲覧も可能となっている。

証拠をそろえれば、賠償請求も可能
今回公開された記事のタイトルは「許せない『妊活パワハラ』 上司に話すも、忙しい業務を担当させられる」。実際に「弁護士ドットコム」に寄せられた相談事例をもとにしている。

パワハラ
記事によると、相談者の女性は体外受精で病院に行くため休みが必要であることなどを上司に伝えたところ、忙しい業務へと担当を変えられてしまい最終的には流産。上司の仕打ちはパワハラであると考えているという。

高木由美子弁護士(さつき法律事務所)は、業務が多忙であったことを証明するもの(タイムカード、業務連絡メールなど)や、配慮のない暴言などの録音があればパワハラがあったとして損害賠償を請求できる可能性があると回答。

ただし流産とパワハラの因果関係を証明することは難しく、賠償額はあまり高額にはならないという。

(画像は弁護士ドットコムより)
(画像はさつき法律事務所公式ホームページより)


外部リンク

弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com

さつき法律事務所公式ホームページ
http://www.satsukilaw.com
Amazon.co.jp : パワハラ に関連する商品



  • 在宅で「卵巣年齢」を測定できるキット(7月17日)
  • 「男性不妊治療」への理解を深めるセミナーが開催(7月17日)
  • 精子機能には外因性RNAが重要である(7月13日)
  • 妊娠期の運動は胎児の骨を強くする(7月13日)
  • 不妊治療の経験がある医師に取材した記事が公開される(7月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->