Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠中の腸内細菌叢の変化が免疫系を変化させる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠中の腸内細菌叢の変化が免疫系を変化させる

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠中に伴う腸内細菌叢の変化
2月7日、済南大学(中国)の研究チームは、「AMERICAN SOCIETY FOR MICROBIOLOGY」にて、腸内細菌叢の変化は妊娠中の免疫反応に影響を与えると発表した。

妊娠中、女性の腸内細菌叢は劇的に変化する。今回、妊娠中に免疫系細胞から分泌されるタンパク質であるサイトカインレベルが変化することにより、母体の腸内細菌叢、血漿および糞便の代謝物が変わることが確認された。

腸内細菌叢
妊娠中の腸内細菌叢の変化が母体の免疫に与える影響
ホルモンの変動、女性の身体構造の変化、免疫系の変化をはじめ、妊娠は母体に多くの変化をもたらす。

また、先行研究では、妊娠と腸内細菌叢の変化における関係性が確認され、代謝産物を通じて母体の生理学的プロセスに影響を与える可能性が示唆された。例えば、微生物叢の乱れは、子癇前症(妊娠高血圧腎症)リスクを高めるという。

そこで今回、研究チームは、健康な妊婦30人(18~34歳、妊娠37週)ならびに健康な非妊婦15人(18~34歳、月経周期14日目)を対象に検便検査と血液検査を行い、妊娠中の腸内細菌叢の変化が母体の免疫に与える影響を検証した。

腸内細菌叢、代謝物、免疫システムの状態を比較したところ、妊婦と非妊婦において、腸内細菌叢のバランスならびにサイトカインレベルに顕著な違いが確認された。妊婦は炎症を促進するサイトカインレベルが低く、炎症に抵抗するサイトカインレベルが高くなり、妊娠中は免疫系が抑制される可能性が示唆される。

また、妊婦の代謝産物は、非妊婦と比べて独自の構成が認められ、炎症誘発性サイトカインレベルの低下との関連性が判明した。

メカニズムの解明には至っていないものの、妊婦の腸内環境に存在する細菌叢が炎症誘発性代謝産物に影響を与え、免疫反応を阻害する可能性があるという。

(画像はAMERICAN SOCIETY FOR MICROBIOLOGYより)


外部リンク

AMERICAN SOCIETY FOR MICROBIOLOGY
https://asm.org/


Amazon.co.jp : 腸内細菌叢 に関連する商品
  • トリガーの日の血清プロゲステロン濃度が凍結融解胚移植の出生率に影響を与える(4月12日)
  • 腎機能低下は男性不妊リスクを高める要因になる(4月8日)
  • 妊娠中の魚摂取量は子供の心疾患リスクに影響を与えない(4月4日)
  • 抗てんかん薬「トピラマート」によって子どもの自閉スペクトラム症リスクが増加する可能性はない(3月30日)
  • 生殖補助医療の卵巣刺激によって自然周期の子宮内膜環境に近づく(3月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ