Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

地球温暖化によって早産リスクが増す

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























地球温暖化によって早産リスクが増す

このエントリーをはてなブックマークに追加
極端な暑さが妊娠に与える影響
2月27日、モナッシュ大学(オーストラリア)の研究チームは、プレスリリースにて、温暖化と早産における関係性を示唆した。

妊娠後期の女性が極端な暑さに晒されることにより、早産リスクが増加するという。なお、研究論文は「JAMA Pediatrics」に掲載されている。

早産
極端な暑さと早産における関係性
研究チームは、「New South Wales Midwives Data Collection」を用いて、シドニーでの出産120 万件(2000~2020年、63144 件の早産を含む)を対象に暑さと早産、緑化と早産における関係性を検証した。

過去20年間の気温データ、人工衛星画像による植生被覆および植生指数を参照したところ、極端な暑さと早産において強い関係性が認められた。妊娠後期の日中ならびに夜間に極端な暑さに晒されることにより、早産リスクが増すという。

特に、夜間の高温は概日リズムが乱れ、睡眠や休息を含む健康に悪影響を及ぼす。睡眠の質が下がり、睡眠時間が減ることで健康が損なわれ、その結果、妊娠結果に影響を与える可能性があるという。

あわせて、極端な暑さに伴う早産リスクは、住環境の緑地量によって改善される可能性が示唆された。森林、緑地が多い環境に住む女性は、僅かではあるが、妊娠後期の高温と早産における関連性が弱まると報告された。

森林や緑地は身体的、精神的な健康だけでなく、出産・妊娠結果に対しても肯定的な影響を与えるといえる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

MONASH UNIVERSITY
https://www.monash.edu/


Amazon.co.jp : 早産 に関連する商品
  • デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある(5月28日)
  • フッ化物が子どもの脳に悪影響を与える可能性がある(5月27日)
  • 健康的なライフスタイルを維持しながら不妊治療を受けるには自己管理スキルと周囲の理解が欠かせない(5月22日)
  • 体外受精サイクル二回目は一回目より妊娠・出産可能性は高まる(5月19日)
  • 体外受精サイクルにおいてレスキューICSIは効果があるのだろうか?(5月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ