Google+
妊活・卵活ニュース

妊活・卵活ニュース

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























ヘッドライン
';

精子分離技術により体外受精の性別選択が可能になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
精子
子供の性別選択が可能に広島大学の研究チームは、「PLOS Biology」にて、マウスを用いた動物モデル実験において、精子分離技術により、体外受精の性別選択が可能になると発表した。マウスに対して精子分離技術を用いたところ、精子のDNAを損傷させずにY染色体の精子か…
';

新たな胚生検技術が開発される

このエントリーをはてなブックマークに追加
胚生検
非侵襲的かつ高い費用対効果モナッシュの専門家らは、胚生検において世界初となる非侵襲的DNAテストを開発した。 従来の胚生検技術は侵襲的であり、胚からDNAを採取する際に傷を付けるリスクが高い。新たな生検技術では、胚に直接触れることなく、DNAを採取できると…
';

卵巣癌の発症リスクは遺伝子の突然変異によって特定できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
卵巣癌
乳癌・卵巣癌の発症リスク特定トロント大学の研究チームは、「CMAJ」にて、突然変異したBRCA1遺伝子およびBRCA2遺伝子を保有する女性は、卵巣癌になるリスクがあると発表した。 BRCA1遺伝子およびBRCA2遺伝子は、癌抑制タンパク質を生成するが、遺伝的変異体は卵巣癌…
';

生活習慣で「妊娠しやすい体」はつくれる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠しやすい体
産婦人科専門医が解説株式会社マイナビが運営するニュース・コラムサイト「マイナビニュース」が「妊娠しやすい体と妊娠しにくい体の違いを専門医が解説」と題した記事を2019年8月16日に公開した。 記事は「オーク式ダイエット」の考案者でもある医療法人オーク会の…
';

「第三者」が関わる生殖医療についての記事が公開される

このエントリーをはてなブックマークに追加
AID
妊活に関する多彩なテーマを扱う「yomiDr.(ヨミドクター)」で連載されている「いつか赤ちゃんに会いたいあなたへ」が、2019年8月15日に更新された。 読売新聞社がが運営する「yomiDr.(ヨミドクター)」は、医療、健康、介護の総合サイト。医療記事や健康レシピの…
';

「タイミング法」について不妊カウンセラーが解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイミング法
長くても1年が目安。排卵の確認も忘れずに「Suits-woman.jp」で連載中の「働きながら妊活しましょ」が、2019年8月12日に更新された。 今回更新分のテーマは「不妊治療のファーストステップ「タイミング法」は何回まで?」。不妊治療のファーストステップである「タ…
';

治療用ゲルにより癒着による女性不妊が治療できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
癒着
新たな治療用ゲルの効果スタンフォード大学の研究チームは、「Nature Biomedical Engineering」にて、心臓手術後、新たに開発した治療用ゲルを噴霧することにより、器官と内部組織における癒着、繊維結合を防げると発表した。 新たに開発された治療用ゲルは、心臓手…
';

「NPO法人Fine」が9月のカウンセリング日程を公表

このエントリーをはてなブックマークに追加
カウンセリング
10月には東京で大規模イベントも「NPO法人Fine」が、2019年9月の面接カウンセリング(東京都・横浜市)の日程を公式サイトで公表した。 「NPO法人Fine」は、2004年に任意団体として設立された不妊体験をもつ人たちのセルフ・サポートグループ。 面接カウンセリン…
';

NPO法人Fineがアンケート調査を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
アンケート
アンケートをまとめた書籍もNPO法人Fineが、キッズプランニング株式会社と共同で不妊治療経験に関するアンケート調査を実施している(2019年8月31日まで)。 2004年に任意団体として設立されたNPO法人Fineはウェブサイトの運営・カウンセリング事業・イベントやセミ…
';

妊娠期の飲酒は流産リスクを高める

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルコール
妊娠期のアルコール摂取によるリスクヴァンダービルト大学医療センターの研究チームは、「Clinical and Experimental Research」にて、妊娠期のアルコール摂取は、摂取量に関わらず、流産リスクを増加させると発表した。 妊娠期に飲酒した女性は、たとえ少量であっ…
1 2 3 4 5 6 次>