Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

母親の糖尿病は子供の注意欠如多動症リスクに影響を与える

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























母親の糖尿病は子供の注意欠如多動症リスクに影響を与える

このエントリーをはてなブックマークに追加
母親の糖尿病が子供に与える影響
4月8日、香港大学(中国)など国際的な研究チームは、「nature medicine」にて、母親の糖尿病と子供の注意欠如多動症(ADHD)において関連性があると発表した。

一方、妊娠糖尿病と子供のADHDにおける関連性は低いという。また、出生前糖尿病曝露が一致していない兄弟姉妹であっても同様のADHDリスクを有しており、未測定の遺伝的要因や家族的要因も影響する可能性を示唆する。

糖尿病
母親の糖尿病と子供の注意欠如多動症における関係性
近年、出産年齢の上昇に伴い、妊娠糖尿病の有病率は世界的に増加傾向にあるといわれる。これまで、先行研究では、母親の糖尿病と子供のADHDにおける関連性が報告されている。

そこで今回、研究チームは、2001年から2014年の期間、香港、ニュージーランド、台湾、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデンにて母子360万組人以上を対象とした多国間コホート研究を行い、2020年まで追跡調査を継続した。

母親の糖尿病と子供のADHDにおける関係性を検証したところ、母親が糖尿病、妊娠糖尿病、疾患や治療薬の影響による糖尿病を発症した場合、その子供は、糖尿病を発症していない母親の子供に比べてADHD発症リスクが高くなった。

また、糖尿病合併妊娠(糖尿病の女性が妊娠した状態)および妊娠糖尿病(妊娠中の軽い糖代謝異常)は、子供のADHDリスクと関連性が認められた。しかしながら、出生前糖尿病曝露が一致していない兄弟姉妹であっても同様のADHDリスクを有していた。

それゆえ、子供のADHDには未測定の遺伝的要因や家族的要因も影響する可能性があり、妊娠糖尿病と子供のADHDにおける関連性は低いという。

(画像はnature medicineより)


外部リンク

nature medicine
https://www.nature.com/articles/s41591-024-02917-8


Amazon.co.jp : 糖尿病 に関連する商品
  • 妊娠中のメトホルミン服用による長期的な悪影響はない(6月6日)
  • 卵胞期後期のプロゲステロン量は卵巣刺激を併用した人工授精の妊娠率・出生率にどのくらい影響するのだろうか?(6月4日)
  • キスペプチン量が高いとPCOSの妊娠可能性が増す(6月3日)
  • デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある(5月28日)
  • フッ化物が子どもの脳に悪影響を与える可能性がある(5月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ