Google+
妊活・卵活ニュース

妊活・卵活ニュース

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























産み分け
';

精子分離技術により体外受精の性別選択が可能になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
精子
子供の性別選択が可能に広島大学の研究チームは、「PLOS Biology」にて、マウスを用いた動物モデル実験において、精子分離技術により、体外受精の性別選択が可能になると発表した。マウスに対して精子分離技術を用いたところ、精子のDNAを損傷させずにY染色体の精子か…
';

自然な方法での男女の生み分けを希望している方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
生み分け法
過去20年で74%が希望通りの女子出産著書「男の子・女の子が生み分けられる」を出版している、杉山四郎氏が院長を務める「杉山産婦人科」では、赤ちゃんの男女生み分けの指導を行っています。 生み分けを行う場合、男の子より妊娠しにくいといわれる、女の子を希望…
';

「生殖医療」がもたらす福音と問題点

このエントリーをはてなブックマークに追加
生殖医療
卵子老化におびえる女性に福音となる「凍結保存技術」カップルの7組に1組が不妊であると言われる昨今、「子どもが欲しい」と思う人をサポートする生殖補助医療(ART:Assisted Reproductive Technology)はすさまじい勢いで進歩している。 「ハフィントンポスト」で…
';

血液検査で男女の産み分け~オーストラリアの場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
血液検査
産み分けに興味がありますか?不妊治療中であれば、男でも女でも授かれるのであればどちらでもいい!と言いたいところですが、年齢のこと、その他色々なしがらみもあったりして、出来れば産み分けがしたいな、と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 血液検…
';

海外での着床前診断・男女の産み分けによるリスクを考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
着床前診断
「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」…そんな思いから、海外に渡り体外受精で男女の産み分けを行う夫婦が増加しています。体外受精させた受精卵の染色体の検査をして性別を調べる「着床前診断」という技術を行い、希望する性別の受精卵を卵巣に戻すという流れです。…
';

海外での男女の産み分けのリスクを考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
着床前診断
「後継ぎ息子が欲しい」「三人目こそは女の子が欲しい」…。世間では“子どもは授かりもの”と言われる一方で、我が子の性別に強い希望を抱く夫婦は多いのではないでしょうか。近年、そんなニーズに科学的に応える技術が発達し、男女の産み分けをする人が急増しています…
';

杉山産婦人科が情報提供のサイト「生み分けネット」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山産婦人科
都内有名人気クリニックが情報提供第一子を望む“1人め不妊”の場合は性別は二の次というところもありますが、第二子を望む“2人め不妊”となると「男の子/女の子だったら」という希望をもつのは自然な気持ちといってもいいでしょう。現代の生殖医療は急速な進歩をとげて…
';

産み分けのために海を越える女性たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
産み分け
人工授精での産み分け、利用者が増加中アメリカのクリニックでは、産み分けを希望する女性が世界中から訪れています。ABCニュースによれば、ニューヨークとロサンゼルスの、The Fertility Institutesでは、年におよそ200人の女性が産み分けのためにサービスを受けてい…
';

人工授精での産み分け禁止のカナダ アメリカから広告が

このエントリーをはてなブックマークに追加
産み分け
国境を越えての産み分け、インド系カナダ人に提案アメリカはワシントン州のクリニックが、カナダのブリティッシュコロンビア州の情報誌に、インド系カナダ人に向けて産み分けの広告を出しました。 広告主はWashington Center for Reproductive Medicineです。 「あ…