Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠中のストレスは子供が早熟になる要因である

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠中のストレスは子供が早熟になる要因である

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠中のストレスが子供に対して与える影響
2月20日、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA、アメリカ)の研究チームは、プレスリリースにて、妊娠中のストレスによって子供の思春期早発症が引き起こると発表した。

妊娠中の母親のストレスが大きいほど、長女(一番目に生まれた女子)の二次性徴が早い年齢で生じる可能性があるという。なお、研究論文は「Psychoneuroendocrinology」に掲載されている。

早熟
妊娠中のストレスと子供の早熟における関係性
研究チームは、南カリフォルニアの産院2ヶ所にて妊婦検診を受ける妊娠初期の女性(18歳以上、平均30歳)を対象に15年間に亘って調査を実施した。

母親の妊娠中(妊娠15週~、19週~、25週~、31週~、37週~)ならびに産後(産後2~3ヶ月)のストレスレベル、子供の第二次性徴の変化(8~10歳、11~12歳、13~16歳)より、妊娠中の母親のストレスと長女の早熟において因果関係が認められた。

妊娠中に母親が大きなストレスを受けるほど、長女の副腎皮質性思春期徴候(陰毛や腋毛の発生)が早い年齢で起こりやすくなるという。一方、今回、妊娠中のストレスと長男(一番目に生まれた男子)の早熟における関連性は報告されなかった。

研究チームは、妊娠中に母親が受けたストレスや他の因子は、胎児ならびに出生後の子供に対して長期的な影響を与えると結論付ける。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UCLA
https://newsroom.ucla.edu/


Amazon.co.jp : 早熟 に関連する商品
  • 体外受精ならびに顕微授精の出生率を向上させる新薬が開発される(7月16日)
  • 5年以上凍結保存した着床率および出生率が低下する(7月11日)
  • 妊娠中のインフルエンザ感染に伴う合併症は低用量アスピリンで治療できる(7月8日)
  • 高温は妊娠に悪影響を及ぼす(7月8日)
  • 不妊治療と子供の自閉スペクトラム症リスクに関係性はない(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ