Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

人間の場合、HAND2遺伝子が陣痛開始に関与する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























人間の場合、HAND2遺伝子が陣痛開始に関与する

このエントリーをはてなブックマークに追加
明らかになった陣痛開始のメカニズム
2月19日、バッファロー大学(アメリカ)の研究チームは、同大学プレリリースを通じて、HAND2遺伝子が陣痛開始に関与すると発表した。研究論文は、「eLife」(2月1日)に掲載されている。

陣痛
ヒトと動物における陣痛メカニズムの違い
例えば、動物の場合、妊娠に伴い、プロゲステロン(黄体ホルモン)量が上昇し、分娩の数時間前になるとプロゲステロンの分泌が妊娠前の値まで低下する。プロゲステロンには子宮の収縮を抑制する働きがあり、プロゲステロン分泌量の低下によって子宮は収縮し、陣痛が開始される。

しかしながら、ヒトの場合、動物の陣痛メカニズムには当てはまらず、これまで、ヒト陣痛のメカニズムは解明されていなかった。

妊娠期間・陣痛開始タイミングとHAND2遺伝子
今回、研究チームは、哺乳類(ヒト、アルマジロなど)、有袋類(オポッサム、カンガルーなど)、産卵種(カモノハシ(産卵する哺乳類)、鳥類、トカゲ、カエルなど)を用いて、妊娠中(胎児・卵)の子宮内膜にて活性化する遺伝子を解析した。

包括的な解析を通じて、哺乳類では、妊娠中の胎盤の子宮内膜にてHAND2遺伝子がオンになることが確認された。HAND2遺伝子は心臓の発達に関与するが、妊娠中の子宮にてオン状態となったことから、母体と胎児のコミュニケーション促進に関係すると考えられる。

合わせて、妊娠期におけるHAND2遺伝子量の変化を調べたところ、妊娠期間を通じて活性は低下し、陣痛開始が近づくと低値に達した。研究チームは、HAND2遺伝子は妊娠期間、陣痛開始のタイミングに関連すると結論付ける。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

University at Buffalo
http://www.buffalo.edu/news/releases/2021/02/021.html

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/
Amazon.co.jp : 陣痛 に関連する商品
  • 妊活中のストレスが子供の性別を決める(4月10日)
  • 自動胚選択システムによって体外受精の成功率が向上する(4月6日)
  • 自宅から参加できる!「おしゃべり会」がスタート(4月6日)
  • 株式会社HERBIOが「NEDO STS」第3回公募で採択される(4月6日)
  • 幹細胞の損失が流産の要因になると考えられる(4月4日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ