Google+
妊活・卵活ニュース

妊活・卵活ニュース

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























着床前診断
';

着床前診断を学ぶ。流産の原因「トリソミー」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
トリソミー
流産の原因の83%を占めるトリソミー「赤ちゃんがほしい」と思っていてもなかなか授かることができない、流産を繰り返してしまう~こんな場合、トリソミーが原因となっている場合があります。 (画像はイメージです) トリソミーとは、染色体が多い状態生物の体…
';

流産の可能性を低くするために~着床前診断とは~

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷レディスクリニック
着床前診断ってどんなこと?「着床前診断って耳にしたことはあるけど、どんなものだかよくわからない」こんな方のために、着床前診断について調べてみました。 着床前診断とは、 受精卵が子宮に着床して妊娠が成立する前に、受精卵の染色体や遺伝子に異常がないか…
';

コンピューター上で生まれる「1万人の子ども」

このエントリーをはてなブックマークに追加
検査
受精前に疾患の可能性を予測する新技術子どもをもつなら健康な子どもを……と願うのは誰もが同じだろう。「WIRED」の報道によると、アメリカの会社が「デジタルベビー」なる検査技術を開発したという。 「デジタルベビー」を開発したのは、アメリカ・ニューヨーク州に…
';

新しい安全な着床前診断の方法、体外受精の成功率を2倍に?

このエントリーをはてなブックマークに追加
新しい方法
より安全で低コストな着床前診断が可能に学術雑誌「セル(細胞)」に掲載された研究によると、新しく開発された着床前診断の方法によって、体外受精の成功率が2倍になる可能性があることがわかった。この研究は、中国の北京大学とアメリカのハーバード大学によって行わ…
';

海外での着床前診断・男女の産み分けによるリスクを考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
着床前診断
「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」…そんな思いから、海外に渡り体外受精で男女の産み分けを行う夫婦が増加しています。体外受精させた受精卵の染色体の検査をして性別を調べる「着床前診断」という技術を行い、希望する性別の受精卵を卵巣に戻すという流れです。…
';

海外での男女の産み分けのリスクを考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
着床前診断
「後継ぎ息子が欲しい」「三人目こそは女の子が欲しい」…。世間では“子どもは授かりもの”と言われる一方で、我が子の性別に強い希望を抱く夫婦は多いのではないでしょうか。近年、そんなニーズに科学的に応える技術が発達し、男女の産み分けをする人が急増しています…
';

アイルランドで国内初の着床前スクリーニングによる妊娠

このエントリーをはてなブックマークに追加
着床前スクリーニング
アイルランドで初めての承認された着床前診断による妊娠 アイルランドのコーク不妊治療センターで、着床前に受精卵の遺伝子検査を行う、着床前診断(PGD)と着床前スクリーニング(PGS)を行った妊娠が、国内で初めて発表された。 コーク不妊治療センターは、国内に…
';

習慣流産に悩む女性に朗報?着床前診断で妊娠確率が上がる患者の条件が明らかに 

このエントリーをはてなブックマークに追加
着床前診断
着床診断で、流産が防ぐことができる可能性不妊治療を行っている北九州市のセントマザー産婦人科医院では、「習慣流産」を防ぐことを目的とした「着床前診断」について、妊娠する確率が上がる患者は、どのような条件を持つ患者なのか、その条件を見いだし、学会で発表…
';

妊娠率大幅アップ!奇跡の治療法と倫理問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
着床前診断
不妊治療患者の悲鳴 近年、女性の社会進出と共に晩婚化が進み、不妊に悩む夫婦は多い。タイミング法、漢方、人口受精、様々な治療方法がある中で、最後に行き着くのが体外受精と言われている。 これは、女性から卵子を、男性から精子を取り出し、体の外で受精させ…
';

諏訪マタニティークリニック 染色体の数的異常が原因の流産を防ぐための「着床前診断」を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
着床前診断
妊娠率は、54.5%長野県諏訪郡の諏訪マタニティークリニックでは、染色体の数的異常が原因の流産を防ぐ為のPGS(Preimplantation Genetic screening:着床前遺伝子スクリーニング)を、2006年から実施していることを公表しました。 公表した内容によると、PGSを受けた…
1 2 3
記事検索
妊活基本情報



お問い合わせ