Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

新しい安全な着床前診断の方法、体外受精の成功率を2倍に?

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























新しい安全な着床前診断の方法、体外受精の成功率を2倍に?

このエントリーをはてなブックマークに追加
より安全で低コストな着床前診断が可能に
学術雑誌「セル(細胞)」に掲載された研究によると、新しく開発された着床前診断の方法によって、体外受精の成功率が2倍になる可能性があることがわかった。この研究は、中国の北京大学とアメリカのハーバード大学によって行われた。

この新しい方法は、卵子細胞の全ゲノム配列の解析に基づいており、正確で安全に、低コストで着床前診断を行うことが可能となる。また、遺伝的疾患を診断と同時に、染色体異常の検出も行うことが可能だ。

これまでのいくつかの着床前診断の方法では、胚からの細胞の採取も含まれるため、リスクが存在する。また、染色体異常と遺伝的疾患の両方を、同時に検出することが不可能だった。

新しい方法
新しい着床前診断の方法とは
受精後の卵子では、卵細胞の分裂の際に“極体”と呼ばれる細胞の構造体がつくられる。この“極体”は、過程で退化・消失するため、胚に影響を与えることなく、安全に採取することが可能だ。この研究では、“極体”を利用して、全ての遺伝情報を解析する方法が開発された。

この研究の著者達は、この方法によって、体外受精の成功率を30%から60%以上に、2倍することが理論的に可能であり、特に高齢女性や不育症の女性に、有効だろうと述べている。

今年の初めに発表された別の研究では、体外受精の技術によって、妊娠率が20%増加したことが示された。より安全で低コストに行える着床前診断が、実用化されることに期待する。


外部リンク

Cell<a href=" http://www.cell.com/abstract/S0092-8674(13)01526-2" target="_blank">
http://www.cell.com/abstract/S0092-8674(13)01526-2</a>

Amazon.co.jp : 新しい方法 に関連する商品
  • 母親の腸内環境が子供の成長発達に影響する(7月4日)
  • 暑くなると流産リスクが上昇する(6月30日)
  • 生殖補助医療において卵巣が一つでも二つでも出生率は変わらない(6月26日)
  • ゲノム分析から流産の可能性を予測できるようになる(6月22日)
  • 妊娠中でもコーヒーを飲んでいい(6月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ