Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

血液検査で男女の産み分け~オーストラリアの場合

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























血液検査で男女の産み分け~オーストラリアの場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
産み分けに興味がありますか?
不妊治療中であれば、男でも女でも授かれるのであればどちらでもいい!と言いたいところですが、年齢のこと、その他色々なしがらみもあったりして、出来れば産み分けがしたいな、と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

血液検査
血液検査で性別判断
オーストラリアの新聞、「The Sydney Morning Herald」に10月27日に掲載された記事によりますと、オーストラリアのVCGSという遺伝子検査の機関では胎児の性別がわかる血液検査を導入したとのことです。

Non-invasive prenatal testing、略してNIPSというこの検査は以前からアメリカで行われていましたが、血液の中の遺伝子をはかることが出来ます。

危険性はほぼない
羊水穿刺のように流産の危険性もない上、大変正確なため、遺伝子異常の可能性がある場合に便利な検査です。この検査では遺伝子異常だけではなく、性別もわかるそうなのです。

NIPSは9週から出来るので、インドなど女児を好まない国では、希望の性別ではない場合に中絶する可能性も考えられるため、心配されているとのことです。

先述のオーストラリアの機関では、費用は895オーストラリアドル(2013年12月現在約83000円)だとのこと。

結論として
倫理的な問題から議論も深まりそうな検査ではありますが、危険性のない性別検査は需要も多そうです。
編集部 C-NZ


外部リンク

The Sydney Morning Herald
http://www.smh.com.au/

Prenatal Genetics Center
http://www.prenatalgeneticscenter.com/

VCGS
http://www.vcgs.org.au/
Amazon.co.jp : 血液検査 に関連する商品



  • 個別相談も可能「子宝セミナー」を開催(10月22日)
  • ストレスにより男の子を授かる可能性が下がる(10月22日)
  • 大気汚染曝露が流産リスクを高める(10月21日)
  • 環境ホルモンは胎盤を介して胎児の体内に蓄積される(10月21日)
  • 父親の食事が子供の心臓に長期的な影響を与える(10月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->