Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

精子分離技術により体外受精の性別選択が可能になる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























精子分離技術により体外受精の性別選択が可能になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
子供の性別選択が可能に
広島大学の研究チームは、「PLOS Biology」にて、マウスを用いた動物モデル実験において、精子分離技術により、体外受精の性別選択が可能になると発表した。マウスに対して精子分離技術を用いたところ、精子のDNAを損傷させずにY染色体の精子からX染色体の精子を分離できたと報告された。

倫理的問題は別として、将来、体外受精の精子と卵子の受精前に、精子分離を通して子供の性別を選択できるという。

精子
性決定のメカニズム
ヒトの性染色体には2種類(X、Y)あり、子供の性別は精子と卵子の受精時に決まる。ヒトを含めた哺乳類の精子は、X染色体をもつ精子とY染色体をもつ精子が存在し、DNAを除き、同一であると考えられる。精子のもつ染色体が子供の性決定に影響を与え、XXは女、XYでは男となる。

精子分離技術では、体外受精において、性染色体に基づいて受精させる精子を選別することにより、子供の性決定が可能になるという。

運動率による精子選別と子供の性決定
研究チームは、子供を女性にするX染色体の精子に、492遺伝子が活性化していることを確認した。これらの遺伝子はY染色体の精子では不活性であり、これにより、X染色体の精子と受精した場合、子供の性別が女性になる。

また、X染色体のうち18個は受容体をエンコードし、刺激に対する反応から精子操作候補となった。タンパク質2つに結合する化学物質は、Y染色体をもつ精子に影響を与えず、X染色体をもつ精子の運動を遅くさせる。

化学物質が精子に与える影響に基づくとX・Y染色体の精子を容易に分離でき、子供の性決定が可能になった。

マウスを用いた動物モデル実験では、運動率が高く、遊泳速度の速い精子と卵子を受精させた場合、子供がオスになる確率は90%であったと報告されている。一方、運動率が低い精子では、81%がメスの子供であった。

(画像はPixabayより)


外部リンク

The Telegraph
https://www.telegraph.co.uk/

skynews
https://news.sky.com/

PLOS BIOLOGY
https://journals.plos.org/

Amazon.co.jp : 精子 に関連する商品



  • チューイングガムで排卵日を予測できる(10月18日)
  • クラミジア感染症と男性不妊には関連性がある(10月18日)
  • 妊活から産後まで、時期に応じて選べるサプリメント(10月17日)
  • 「体外受精」と仕事の両立に関する記事が公開される(10月17日)
  • 妊娠期の飲酒は少量であっても子供の健康に悪影響を及ぼす(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->