Google+
妊活・卵活ニュース

妊活・卵活ニュース

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























社会
';

妊娠時期を遅らすのは悪くない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠時期
妊娠時期を遅らすことに対する肯定体外受精の先駆者であるロバート・ウィンストン(Robert Winston)医師は、妊娠時期を遅らすことは非常に良いと主張している。赤ちゃんを授かる、母親になるのを待ち、社会経験を積むことにより、価値のあるスキルや教養が身に付くとい…
';

長野・諏訪マタニティークリニック、夫の実父からの精子提供で118人の出産を公表

このエントリーをはてなブックマークに追加
精子提供
近親者の精子で体外受精7組のカップルのうち、1組が不妊治療を行っている日本で、また、生命倫理に関して物議を醸すような出来事が発生した。 日本国内初の代理母出産を実施したクリニックとして知られる長野県の諏訪マタニティークリニック(根津八紘院長)は先月3…
';

卵子凍結保存の社会的・医療的理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
卵子凍結保存
女性の年齢と妊娠確率一般的に、卵子の質は16歳から28歳にピークを迎え、39歳から44歳にかけて急激に低下する。 29歳から38歳の間は妊娠できる可能性は高いが、35歳から徐々に卵子の質が低下し始め、42歳には妊娠確率は低くなる。また、高齢妊娠・出産は流産のリス…
';

ベトナムの不妊率が上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベトナム
ベトナムにて若いカップルの不妊率が上昇中央産婦人科病院とハノイ医療大学にて、ベトナム8都市14300組以上のカップルを対象に実施された研究によると、ベトナムにおける不妊率は7.7%と判明した。 妊活期間6ヶ月以上で妊娠に至らない女性を対象に調査したところ、7…
';

「不妊症は現代病?

このエントリーをはてなブックマークに追加
不妊
不妊症に悩むカップルは増加傾向近年、不妊症に悩むカップルは増えつつあり、不妊症は男女の問題として認識されるようになった。妊娠に至らない要因としては、ライフスタイルの変化、ホルモンバランスの崩れ、高齢妊娠・出産、パートナーと過ごす時間の不足などが影響…
';

署名活動を通じて不妊治療への理解を呼びかけよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
署名活動
NPO法人Fineによる7回目の署名活動不妊治療に取り組むカップルには、治療にかかる経済的な負担、社会的な理解の不足など、さまざまな負担がかかってきています。 この負担を少しでも減らそうと、不妊治療患者の支援などを行うNPO法人Fineは、2007年から署名活動、国…
';

自民PT、代理出産に関する法案骨子作成

このエントリーをはてなブックマークに追加
代理出産
代理出産、法律制定に向けて日本には現在、代理出産に関する法律がない。こうしたなか、24日に自民党の「生殖補助医療に関するプロジェクトチーム」(PT、座長・古川俊治参院議員)が、関連法案の骨子をまとめ、国会に提出する方針を固めた。 (画像はイメージです…
';

妊娠を望む方にもおすすめ!「赤ちゃん“知っ得”検定」で新検定を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
NPO法人赤ちゃんファミリー応援隊
赤ちゃん“知っ得”検定でマタニティのからだと下着編を実施NPO法人赤ちゃんファミリー応援隊は、無料携帯サイト「赤ちゃん“知っ得”検定」内で、「初級編」「チャイルドシート編」に加えて「マタニティのからだと下着編」を実施。 この検定はマタニティの方だけでな…
';

体の不調や不妊に効果のある耳つぼ健康法

このエントリーをはてなブックマークに追加
耳をひっぱるだけで超健康になる
耳を引っ張るだけで不調が軽くなるフォレスト出版株式会社は、耳ツボ「神門」の研究家である神門メソッドマスター・飯島敬一氏による『耳をひっぱるだけで超健康になる』を4 月20 日に刊行した。 人間の耳には、全身に対応したツボがたくさんある。全身の自律神経を…
';

大阪で「マタニティ・ハラスメント」に関する講演を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
マタハラ
「産む性」であるために仕事を中断せざるを得ない実情国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、第一子出産後に育休を取って仕事を続ける女性の割合は、正社員で43.1パーセント、非正規労働者ではわずか4.0パーセントだという。 育休取得率が80パーセントを超え…
1 2 3 4 5 6