Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

太り過ぎの男性は生殖能力の問題が増える

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























太り過ぎの男性は生殖能力の問題が増える

このエントリーをはてなブックマークに追加
太り過ぎによる男性生殖機能への影響
タルトゥ大学臨床医学研究所(エストニア)の研究生クリステル・エハラ・アレクセジェブ(Kristel Ehala-Aleksejev)氏は、世界規模にて、太り過ぎの男性は生殖能力の問題が増加し、3倍増になっていると発表した。

体型
ライフスタイルの変化と肥満
先行研究では、肥満が生殖能力を減退させ、中枢性肥満関連メタボリックシンドロームと精子の質に関係性があると報告されている。

中枢性肥満は健康リスクを高め、ホルモンバランスを崩す。ホルモンバランスの乱れは、勃起障害を引き起こす要因となり、男性の生殖機能に悪影響を及ぼす。それゆえ、生殖機能の問題を軽減するために、男性はライフスタイルに注意を払う必要がある。

エハラ・アレクセジェブ氏によると、生殖能力が減退する理由として、急激なライフスタイルの変化が挙げられる。身体活動や食事習慣は変わり、特に西洋の生活様式は体重が増加しやすい。

同氏は、男性病学より体重と生殖能力の関係性が認められ、男性の生殖能力において、腰回り周辺の脂肪量は重要な因子であると説明する。男性は、腰回り周辺の脂肪量が蓄積するに伴い、生殖能力が減退するという。

体重と男性の生殖能力における関係性
研究を通して生殖能力に問題がない男性グループと不妊男性グループを比較したところ、不妊男性グループは、顕著に肥満とメタボリックシンドロームの有病率が高いことが認められた。また、両グループにおいて、中枢性肥満は生殖能力減退のパラメーターとなった。

合わせて、男性器の大きさが小さい男性は、体重や中枢性肥満が増加し、生殖能力により大きな影響を及ぼしているという。男性の生殖能力は基本的には精子分析にて測定されるが、男性器の大きさより生殖能力を推測可能である。

(画像はPixabayより)


外部リンク

UNIVERSITAS TARTUENSIS
https://dspace.ut.ee/handle/10062/63768

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 体型 に関連する商品



  • 早発卵巣不全と睡眠の質、疲労蓄積には関係がある(7月20日)
  • 妊娠期の食事において食物繊維は重要である(7月19日)
  • 【東大阪市】当事者同士で語りあうイベントが開催(7月19日)
  • 食事と運動では妊娠糖尿病リスクを軽減できない(7月19日)
  • 不妊カウンセラーが教える「妊活に役立つ書籍」(7月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->