Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

あなたの心臓は大丈夫?   イギリス

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























あなたの心臓は大丈夫?   イギリス

このエントリーをはてなブックマークに追加
胎児が低体重の場合、お母さんに心疾患の可能性
6月28日付の米医療系情報サイトbabycenterによると、出産時の子どもの体重が小さいと、お母さん側の心臓に異常があるかもしれない。このような報告を研究者らが発表した。

心臓
早期発見で最悪の事態を防ごう
イギリスのセントジョージ大学母体胎児医学部長Basky Thilaganathan医師らは、子宮内胎児発育遅延の妊婦29人、子癇前症(しかんぜんしょう)の妊婦25人、正常に妊娠の妊婦58人を調査。

結果、妊婦が子宮内胎児発育遅延や子癇前症である場合、その妊婦が今後、何十年にも渡って心血管疾患を患ったり、死にいたる可能性を指摘。

医療従事者は、子宮内胎児発育遅延や子癇前症の症状がある妊婦を担当した場合には、母体側に心臓圧迫や心臓系の障害がないかどうかを疑って欲しいと注意を促した。


早期発見で、その母親らが生活改善や治療を受けることにより、その後の心血管疾患の発症や最悪の事態を未然に防ぐことができるかもしれない。

子宮内胎児発育遅延(しきゅうないたいじはついくちえん)とは?
子宮内胎児発育遅延は、子宮内の胎児の発育が遅れ、妊娠週数に相当する平均胎児重量の90%程度しか体重がない状況をさす。

子癇前症(しかんぜんしょう)とは?
妊娠中に高血圧を患うこと。
(編集部翻訳担当 渡邉充代)

外部リンク

babycenter
http://www.babycenter.com
Amazon.co.jp : 心臓 に関連する商品
  • 体外受精ならびに顕微授精の出生率を向上させる新薬が開発される(7月16日)
  • 5年以上凍結保存した着床率および出生率が低下する(7月11日)
  • 妊娠中のインフルエンザ感染に伴う合併症は低用量アスピリンで治療できる(7月8日)
  • 高温は妊娠に悪影響を及ぼす(7月8日)
  • 不妊治療と子供の自閉スペクトラム症リスクに関係性はない(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ