Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

ホルモン分泌・生産は季節によって異なる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























ホルモン分泌・生産は季節によって異なる

このエントリーをはてなブックマークに追加
一年を通じたホルモン分泌・生産
2月2日、ワイツマン科学研究所の研究チームは、同大学プレリリースを通じて、ホルモン生産・分泌は季節(春夏秋冬)による影響を受け、季節変化・季節変動パターンがあると発表した。研究論文は、「Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS)」に掲載されている。

これまで、例えば、生殖ホルモン、ストレスホルモン「コルチゾール(副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種)」などのホルモンは、季節の影響は受けないと考えられてきた。

ホルモン
ホルモン分泌・生産における季節による変化
研究チームは、20歳から50歳までのイスラエル人男女を対象に血液検査を行い、コレチゾール、甲状腺ホルモン、生殖ホルモン、性ホルモン、成長ホルモンを含む11種類のホルモン量を測定し、ホルモン分泌・生産における季節による変化を検証した。

最終的には4600万人のデータを分析し、最大600万の異なる血液検査から各ホルモンの分泌・生産量を平均化したところ、全てのホルモンは季節によって変化し、年間を通じてホルモン分泌・生産は上昇・衰退を繰り返し、複数の分泌・生産のピークを迎えた。イスラエル人の場合、年間約5%の変動が認められた。

また、ホルモン分泌・生産のピークは、個々に異なるタイミングであったという。例えば、テストステロンとエストラジオールの場合、男性では1月にテストステロンの分泌・生産量が最高となり、その後、少し減少し、8月に再びピークに達した。女性におけるエストロゲンの分泌・生産量は、男性のエストラジオール分泌・生産パターンと同様であった。

研究チームは、ホルモン分泌・生産と季節変動には、人種による差異はあるものの、季節および環境によってホルモンの分泌・生産量は年間を通じて変化すると結論付ける。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Weizmann Institute of Science
https://wis-wander.weizmann.ac.il/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : ホルモン に関連する商品
  • 妊活中のストレスが子供の性別を決める(4月10日)
  • 自動胚選択システムによって体外受精の成功率が向上する(4月6日)
  • 自宅から参加できる!「おしゃべり会」がスタート(4月6日)
  • 株式会社HERBIOが「NEDO STS」第3回公募で採択される(4月6日)
  • 幹細胞の損失が流産の要因になると考えられる(4月4日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ