Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

卵丘細胞microRNAの発現は母体年齢と排卵刺激による影響を受ける

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























卵丘細胞microRNAの発現は母体年齢と排卵刺激による影響を受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
卵丘細胞microRNAと母体年齢
イタリア、ドイツの研究チームは、「Human Reproduction」にて、卵子の周りにある卵丘細胞におけるmicroRNA(miRNA:マイクロRNA)の発現は、ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)による治療にて調節されるが、母体年齢と強い関連性をもつと発表した。

母体年齢
排卵障害の改善と高齢妊娠・出産の可能性
卵丘細胞は卵子を覆う細胞層であり、卵子が成熟するうえで重要な役割を担う。また、miRNAは排卵機能を制御し、排卵誘発に不可欠となる。

今回、研究チームが、排卵刺激を受ける女性53人を対象に、減数分裂中期の卵母細胞から卵丘細胞53サンプルを採取したところ、卵丘細胞のmiRNA発現、母体年齢およびゴナドトロピンによる排卵刺激に関連性が確認された。

母体年齢は、卵丘細胞のmiRNA発現に影響を与える独立因子であるが、一方、ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)による刺激は、卵胞miRNA発現および体外受精効率に影響することが認められた。

miRNAの発現パターンおよび機能を理解することにより、排卵障害の新たな治療法を確立できる。合わせて、35歳以上の女性の生殖機能・能力を改善し、高齢妊娠・高齢出産の可能性を高めると期待される。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : 母体年齢 に関連する商品
  • 人間の場合、HAND2遺伝子が陣痛開始に関与する(3月2日)
  • 妊娠期の食事内容は子供の肥満リスクに影響する(3月1日)
  • 「Daylily Healthology」が妊活サプリを発売(2月28日)
  • 外食にも対応!クリニック院長監修の「妊活レシピ」本が刊行(2月28日)
  • 選択的卵子凍結は将来性のある選択肢となる(2月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ