Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠期の高用量ビタミンD摂取は子供のIQを高める

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠期の高用量ビタミンD摂取は子供のIQを高める

このエントリーをはてなブックマークに追加






妊娠期のビタミンD摂取の重要性
シアトル子ども病院の研究チームは、「The Journal of Nutrition」にて、妊娠期のビタミンD摂取量と子供の知能指数(IQ)には関連性があり、高用量ビタミンD摂取によって子供のIQが高まると発表した。

ビタミンDは重要な栄養素であり、多くの身体機能にとって不可欠とされる。母親のビタミンDは子宮内の胎児へ供給され、脳発達を含めたプロセスを制御する。

また、メラニン色素は太陽によるダメージから肌を守るが、肌の色によって紫外線をブロック・カットするゆえ、肌におけるビタミンD生成量は低下する。今回の研究では、黒人女性は、肌の色にて紫外線がブロックされ、ビタミンD欠乏症リスクが高まることが判明した。

ビタミンD
妊娠期のビタミンD摂取量と子供のIQにおける関係性
研究チームは、米テネシー州のコホート研究「the Conditions Affecting Neurocognitive Development and Learning in Early Childhood (CANDLE)」を用いて、子供の健康状態および成長・発達を考慮したうえで、妊娠期のビタミンD摂取量と子供のIQにおける関係性を検証した。

調査結果より、妊娠期に母親が高用量ビタミンDを摂取した場合、4歳から6歳段階における子供のIQスコアが高くなった。

身体に必要とされるビタミンDのうち、約95%は体内で生成されるといわれる。残りは、卵、牛乳、チーズ、ヨーグルト、シリアル、多脂魚(イワシ、サバなど)より摂取できる。1日あたりのビタミンD 摂取目安量は200IU(5.5μg)だが、食事のみで摂取目安量を満たすことは不可能である。

それゆえ、研究チームは、不足分をサプリメントにて補うように推奨する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Seattle Children’s
https://pulse.seattlechildrens.org/
Amazon.co.jp : ビタミンD に関連する商品
  • 医療従事者向けサイトが「不妊治療の保険適用」に関する記事を配信(1月26日)
  • 309人が参加した「妊活セミナー」のレポートが公開!(1月26日)
  • 卵丘細胞microRNAの発現は母体年齢と排卵刺激による影響を受ける(1月25日)
  • 抗アンドロゲン治療の早期開始によってPCOSの女性の自然妊娠可能性は改善する(1月25日)
  • 養子・里子を育てている不妊体験者向けのオンラインイベントが開催(1月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ