Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

境界悪性卵巣腫瘍の妊孕性温存療法によって妊娠が可能になる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























境界悪性卵巣腫瘍の妊孕性温存療法によって妊娠が可能になる

このエントリーをはてなブックマークに追加






境界悪性卵巣腫瘍の妊孕性温存療法
カロリンスカ研究所(スウェーデン)は、「Fertility & Sterility」にて、境界悪性卵巣腫瘍(BOT)の妊孕性温存療法・妊孕性温存手術(FFS)を受けた女性は妊娠可能であると発表した。

境界悪性卵巣腫瘍では、多くの場合が妊孕性(にんようせい)温存療法によって生殖能力を温存でき、体外受精などの不妊治療を要する女性は少数であるという。なお、卵巣腫瘍とは良性、境界悪性、悪性の3つ全てを含む病名であり、境界悪性は良性と悪性(癌)の中間的な悪性度にあたる。

妊孕性温存療法
初期の境界悪性卵巣腫瘍に対する妊孕性温存療法が生殖能力に与える影響
境界悪性卵巣腫瘍の妊孕性温存療法に関する先行研究では腫瘍学的治療結果に着眼され、治療後の妊娠・出生率は不確かであった。

今回、研究チームは、スウェーデンの医療データ「Swedish Quality Registry for Gynaecologic Cancer(SQRGC)」を用いて、2008年から2015年の間に初期の境界悪性卵巣腫瘍の妊孕性温存療法を受けた女性(18~40歳)を対象に、初期の境界悪性卵巣腫瘍に対する妊孕性温存療法が生殖能力に与える影響を検証した。

女性213人が、2008年から2015年にスウェーデンで境界悪性卵巣腫瘍の妊孕性温存療法を受け、治療後に62人が出産した。体外受精を受けたのは少数であり、被験者のうち20人(9%)であった。出産した女性は、妊孕性温存療法の治療から76ヶ月にて妊娠し、一方、治療後58ヶ月で妊娠した女性は出産に至らなかった。

また、全体の277人に対して完治率は99%に達した。研究チームは、将来の妊娠・出産にとって、卵巣腫瘍の妊孕性温存療法は安全かつ効果的であると結論付けている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Karolinska Institutet
https://news.ki.se/
Amazon.co.jp : 妊孕性温存療法 に関連する商品
  • 繰り返す胚移植の不成功では子宮内膜着床能検査は有益なのか?(1月22日)
  • 次世代シーケンシングによってY染色体の構造変化が特定できる(1月22日)
  • 選択的卵子凍結・保存サービスが始動(1月22日)
  • 精子奇形症では顕微授精が望ましい治療法といえる(1月20日)
  • 「無精子症」を取材したニュース特集が映像大賞を受賞(1月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ