Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

AIシステムによって体外受精の着床率が向上する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























AIシステムによって体外受精の着床率が向上する

このエントリーをはてなブックマークに追加
不妊治療におけるAIシステムの活用
ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(ハーバード大学医学部の関連病院)の研究チームは、「eLife」にて、AI(人工知能)システムは、体外受精の胚移植において、着床率の高い良好な受精卵(胚)をヒト以上の精度にて選択でき、体外受精の成功率を向上させると発表した。

体外受精の胚移植に伴い、受精卵を選択するうえで、AIシステムは、胚移植に最も適した良好な受精卵を選択する手助けとなると期待される。

AI
AIによる胚移植に最適な胚の選択
現在、体外受精の成功率は約30%であるといわれる。今回、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院は、マサチューセッツ総合病院と共に体外受精の成功率を改善する目的として、数千枚の胚画像(受精後113時間撮影)およびディープラーニング(深層学習)を用いて、AIシステムを開発した。

AIシステムでは、通常数の染色体をもつ胚から高い質の胚を特定でき、胚移植の成功可能性が最も高い胚の区別・識別が可能となる。胚742個のうち、最も質の高い胚の選択率は90%であった。AIシステムの精度は約75%となり、アメリカ全土の不妊治療センター5機関に従事する熟練した専門家15人(平均精度67%)と比較し、大幅に高くなった。

今回の研究を通じて、胚移植に最適な胚の選択において、AIシステムの可能性が示された。しかしながら、現在、AIシステムの導入には膨大な費用が掛かり、利用できる専門家や医療機関は限定される。それゆえ、研究チームは、不妊治療機関にある顕微鏡にて撮影した画像を評価する補助ツールの開発を進めている。

(画像はBRIGHAM AND WOMEN’S HOSPITALより)


外部リンク

BRIGHAM AND WOMEN’S HOSPITAL
https://www.brighamandwomens.org/

Medium
https://medium.com/
Amazon.co.jp : AI に関連する商品
  • 大阪市の薬局が妊活情報サイトをオープン(10月22日)
  • 不妊カウンセラーによる「排卵日」に関する記事が公開される(10月21日)
  • 重症化した悪阻は妊娠中および産後の鬱リスクを高める(10月21日)
  • 【茨城県】体外受精専門のクリニックが新規オープン(10月21日)
  • 妊娠成立前の父親の精神状態によって早産リスクが高まる(10月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ