Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

「北九州市」は医療が身近な街であるという調査結果が公開される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























「北九州市」は医療が身近な街であるという調査結果が公開される

このエントリーをはてなブックマークに追加
8割以上の人が妊娠・出産しやすいと回答
株式会社エムティーアイが運営する健康情報サービス「ルナルナ」が、北九州市と共同で実施したアンケート調査の結果を2020年9月15日付けのプレスリリースで公開した。

北九州市
アンケート調査は、2020年4月10日から2020年5月6日にかけて「ルナルナ」「ルナルナ 体温ノート」にて実施。10代から50代以上の女性12569人(北九州市在住者116人)が対象となった。

北九州市
「お住まいの地域は環境だと思いますか妊娠・出産しやすい」という質問には、子どもがいる北九州市在住女性の37.8パーセントが「そう思う」、46.7パーセントが「どちらかといえばそう思う」と回答。

北九州市
8割以上の人が北九州市を妊娠・出産しやすい地域だと認識しており、全国平均よりも10ポイント以上高い結果となった。

北九州市
理由については「産科が身近にある」が81.6パーセントで最多。次いで「妊婦健診の受診がスムーズである」(42.1パーセント)、「自治体や医療機関が行うマタニティ教室などが充実している」「産科が充実している」(23.7パーセント)となっている。

5人に1人が不妊検査・治療を経験
不妊検査や不妊治療の経験に関する質問では、北九州市在住女性の7.9パーセントが「現在治療中」、11.4パーセントが「過去に治療や検査を受けたことがある」と回答しており、5人に1人が不妊検査・治療を経験していることが判明。

「不妊治療を受けるにあたり、どのようなことが助けになりましたか」という質問への回答で最も多かったのは「医療機関の身近さ、通院のしやすさ」(61.9パーセント)。2位は「パートナーの存在」(33.3パーセント)という結果となった。

株式会社エムティーアイと北九州市は、2019年12月に市内の妊娠を希望する夫婦への支援の充実を図るための妊活支援等に関する連携協定を締結。今後も知識の啓発や情報発信を継続的に行うことで子どもを望む市民をサポートしていく。

(画像は株式会社エムティーアイのプレスリリースより)
(画像は株式会社エムティーアイ公式ホームページより)


外部リンク

株式会社エムティーアイのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

株式会社エムティーアイ公式ホームページ
https://www.mti.co.jp


Amazon.co.jp : 北九州市 に関連する商品
  • 大阪市の薬局が妊活情報サイトをオープン(10月22日)
  • 不妊カウンセラーによる「排卵日」に関する記事が公開される(10月21日)
  • 重症化した悪阻は妊娠中および産後の鬱リスクを高める(10月21日)
  • 【茨城県】体外受精専門のクリニックが新規オープン(10月21日)
  • 妊娠成立前の父親の精神状態によって早産リスクが高まる(10月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ