Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠中のマンガン増加によって子癇前症リスクを軽減できる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠中のマンガン増加によって子癇前症リスクを軽減できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期におけるマンガンの重要性
ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生学大学院の研究チームは、「Epidemiology」にて、妊活中および妊娠中、母親となる女性が体内のマンガン量を高めることにより、子癇前症リスクを軽減できると発表した。

子癇前症は妊娠20週以降に発症し、発症率は世界的に増加傾向にある。代表的な症状として高血圧、腎臓などの臓器不全が挙げられ、症状が深刻化した場合、母親の発作、早産など重大な合併症を引き起こす。また、子供の肥満、糖尿病の危険因子となり、子癇前症リスクは高まる。

子癇前症
マンガン量と子癇前症の症状・進行度合いにおける関係性
同大学の先行研究(2019年発表)において、ボストン出生コホート研究より女性1000人以上を対象に出産直後の赤血球のマンガン量を測定したところ、子癇前症を発症していない女性と比べ、子癇前症の女性は体内のマンガン量が低い傾向があることが認められた。

マンガンは必須ミネラル(体内に存在し、栄養素として不可欠なミネラル)であり、酵素の構成成分として成長や生殖に関与する。今回、研究チームは、「Project Viva」(マサチューセッツベース、1999~2002年)を用いて、妊活中の女性1300人以上を対象に、マンガン量と子癇前症の症状・進行度合いにおける関係性を検証した。

子癇前症の症状、血液中マンガン量に関するデータより、妊娠初期にマンガン量が低い女性には、高血圧症候群(妊娠後期の子癇前症)が深刻化する傾向が認められ、低マンガン量と子癇前症には強い因果関係があると報告された。

また、被験者をマンガン量(低量、中量、高量)に基づいて3グループに分けたところ、体内のマンガン量が多いグループでは、マンガン量が低いグループと比べ、子癇前症リスクが半減した。

それゆえ、研究チームは、サプリメントなどで妊娠初期のマンガン量を増加させることによって、妊娠後期に子癇前症が発症するリスクを軽減できると結論付けている。

(画像はJOHNS HOPKINS BLOOMBERG SCHOOL of PUBLIC HEALTHより)


外部リンク

JOHNS HOPKINS BLOOMBERG SCHOOL of PUBLIC HEALTH
https://www.jhsph.edu/
Amazon.co.jp : 子癇前症 に関連する商品
  • AIシステムによって体外受精の着床率が向上する(9月26日)
  • 第11回「クスッと笑える夫婦川柳」が作品を募集中(9月25日)
  • 腺筋腫型の子宮腺筋症は原発性不妊症と極めて強い関連性がある(9月25日)
  • 「北九州市」は医療が身近な街であるという調査結果が公開される(9月25日)
  • 肥満妊婦のライフスタイル改善によって子供は健康になる(9月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ