Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

母親の鬱病を早期治療することによって子供への影響は軽減できる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























母親の鬱病を早期治療することによって子供への影響は軽減できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
母親の鬱症状に対する早期治療の重要性
クイーンズランド大学(オーストラリア)の研究チームは、「Paediatric and Perinatal Epidemiology」にて、子供への影響を防ぐうえで、母親の鬱病に対する早期治療が重要であると発表した。

母親が長期に亘って鬱病を患う場合、その子供は、行動障害および発達遅延リスクが高くなることは認められている。今回、母親の鬱病は子供に悪影響を及ぼすが、鬱病の発症時期に関わらず、あらゆるタイミングにおいて鬱症状の緩和することにより、子供への影響を軽減できると報告された。

鬱
母親の鬱病が子供に与える影響
研究チームは、「The Australian Longitudinal Study on Women's Health(ALSWH)」を用いて、母親892人の鬱症状レベル、子供978人の発達および行動を調査し、母親の鬱病が子供に与える影響を検証した。

母親が鬱病を発症した時期(妊娠前、妊娠中、妊娠後・産後)より子供に対する影響を比較したところ、発症期間こそが発症時期より影響力をもつことが判明した。

研究チームは、母親の鬱病期間が長くなる程、子供はより悪影響を受けると結論付ける。また、女性は妊娠中に鬱病を発症したことを懸念する傾向にあるが、鬱病の発症時期に関わらず、あらゆるタイミングにおいて、鬱症状の緩和こそが、子供への影響を防ぐうえで重要であると指摘する。

(画像はTHE UNIVERSITY OF QUEENSLANDより)


外部リンク

THE UNIVERSITY OF QUEENSLAND
https://medicine.uq.edu.au/

Amazon.co.jp : 鬱 に関連する商品



  • 「妊活マイスター」によるオンラインセミナーが開講決定(8月9日)
  • 今さら聞けない「妊娠・不妊の知識」をコミックで伝授!(8月9日)
  • 妊活に効くメニューもあり!16通りから選べる「テイクアウト」(8月8日)
  • 新たな技術によって無症候性でハイリスクな女性の早産可能性を診断できる(8月6日)
  • 代謝補酵素が卵子の質に大きく影響する(8月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->