Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

「AMH値」と不妊治療結果に関するデータが公開される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























「AMH値」と不妊治療結果に関するデータが公開される

このエントリーをはてなブックマークに追加
現状を客観的にとらえるウェブサービス
不妊治療の記録・管理サービス「ninpath」を運営する株式会社ninpathが、AMH(抗ミュラー管ホルモン)値と治療結果に関するデータ分析を実施。その結果を2020年6月25日付けのプレスリリースで公開した。

AMH
データ分析は2020年5月21日時点で「ninpath」内に登録されたユーザー(564人)の不妊治療データを用いて行われている。

AMH
「ninpath」は、不妊治療に取り組む人に現状を客観的にとらえる場を提供するサポートサービス。ユーザー自身の治療を記録・管理するだけでなく、状況が近い第三者の治療データとの比較が可能となっており、最善の道を考える参考にすることが可能だ。

AMH値と妊娠率の間に関連性はなし
今回公開された分析結果によると、AMH検査の受診率は全体でおよそ65パーセント。

AMH
中でも治療を終了・休止した人と治療歴が「その他」(不妊検査の段階やタイミング法)の人の受診率はともに半数を切る結果となっている。

AMH
妊娠に至った人の最終治療歴については、AMH値が低い人ほど体外受精・顕微授精での妊娠が多い傾向にあり、採卵回数も値が低い人ほど多いという結果となった。

AMH
しかし、AMHの値と妊娠率の間に関連性は見られず、AMHよりもほかの要素(年齢など)が妊娠率に影響を与えることを示唆する結果となった。

(画像は株式会社ninpathのプレスリリースより)
(画像は株式会社ninpath公式ホームページより)


外部リンク

株式会社ninpathのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

株式会社ninpath公式ホームページ
https://ninpath.com


Amazon.co.jp : AMH に関連する商品
  • アルギニン・葉酸入りの本格的な妊活サプリメントが新発売(10月29日)
  • 精巣へのタンパク質供給によって男性不妊が改善する(10月29日)
  • 子育て支援企業が「いい夫婦の日」に向けてプレゼントを実施(10月29日)
  • 態度の悪いクリニックには心の中で「アッカンベー!」(10月28日)
  • 【無料】千葉市のクリニックが「ウェブ説明会」を開催(10月28日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ