Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊活カウンセラーが教える「不妊治療終了後に頼るべき場所」

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊活カウンセラーが教える「不妊治療終了後に頼るべき場所」

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事と妊活の両立を応援
日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラーの笛吹和代先生が「Suits-woman.jp」で連載している「働きながら妊活しましょ」が、2020年3月23日に更新された。

精神的ダメージ
健康管理や栄養面から不妊治療に理解の薄い職場への対処法まで、仕事をしながら妊活する人たちが読んで役に立つ情報を紹介している「働きながら妊活しましょ」だが、今回更新分のテーマは「不妊治療後の精神的ダメージが深刻なとき、頼るべきはどこ?」。

精神的ダメージ
前回(2020年3月16日更新)に続いて、不妊治療終了後のメンタルケアをとりあげている。

深刻な場合は迷わず専門医の受診を!
記事では、精神的な落ち込みが深刻な場合は迷わず心療内科を受診することを提案。特に近年は、眠れなくなったり眠りが浅くなったりした人を対象とした「睡眠外来」を設けている病院も増えているという。

医療機関を受診するほど深刻でないという人には行政サービスや「NPO法人Fine」などの当事者グループへの相談を提案している。当事者グループに参加する場合は期待しすぎないことが大切だという。

また、現在不妊治療中の人やこれから妊活・不妊治療をはじめようとしている人は笛吹先生が主催する「女性の身体塾」で個別相談を受け付けている。Zoomや電話での相談も可能だ。

(画像はSuits-woman.jpより)
(画像は女性の身体塾公式サイトより)


外部リンク

Suits-woman.jp
https://suits-woman.jp

女性の身体塾公式サイト
https://woman-lifestage-support


Amazon.co.jp : 精神的ダメージ に関連する商品



  • ルーツによって生殖能力が増加する(6月3日)
  • 不妊治療の「ステップアップ」に関するデータ分析の結果が公開される(6月3日)
  • しゅふJOB総研が「不妊治療」に関するアンケート調査を実施(6月2日)
  • 高負荷の身体活動は妊娠自覚前の流産リスクを高める(6月1日)
  • 妊娠中は植物性製品の摂取に注意を払うべきである(5月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->