Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

プロゲステロン投与により次の妊娠における流産を防げる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























プロゲステロン投与により次の妊娠における流産を防げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠初期のプロゲステロン投与による効果
バーミンガム大学、Tommy's National Centre for Miscarriage Researchは、「American Journal of Obstetrics & Gynecology」(1月31日発行)にて、2件の臨床試験を通して、妊娠初期の流産を経験した女性に限り、次の妊娠において妊娠初期にプロゲステロンサプリメントを服用することにより出生率は向上すると発表した。

また、「BJOG」(1月31日発表)では、妊娠初期の流産を経験している場合、次の妊娠において、妊娠初期のプロゲステロン投与は費用対効果が高いと報告している。

プロゲステロンは黄体ホルモンであり、月経サイクルに伴い、卵巣から自然分泌される。また、妊娠初期においては、受精卵の着床に備えて子宮環境を整え、満期産まで妊娠を継続するために胎盤から分泌される。

これまで、プロゲステロンは、妊娠初期の流産および妊娠初期の出血を経験した女性に投与することにより、次の妊娠における流産率が減少するといわれている。

プロゲステロン
妊娠初期の流産・妊娠損失と妊娠初期のプロゲステロン投与
「American Journal of Obstetrics & Gynecology」(1月31日発行)にて発表された研究論文では、臨床試験2件「PROMISE」「PRISM」を通して、妊娠初期のプロゲステロン投与による効果が検証された。

「PROMISE」は、イギリス・オランダ45医療機関にて、2回以上の流産・妊娠損失を経験した女性約840人を対象に実施された。流産経験のある女性が妊娠初期にプロゲステロンサプリメントを服用することにより出生率は3%向上したが、統計的有意性は疑わしいと報告された。

一方、「PRISM」では、イギリス48医療機関にて、妊娠初期に出血した女性4000人以上(16~39歳)を対象に、妊娠初期の流産を1回以上経験した女性にプロゲステロンを投与したところ、プロゲステロンを投与した女性は出生率が増加した。

研究チームは、妊娠初期の流産・妊娠損失を経験した女性には、次の妊娠において妊娠初期にプロゲステロンを投与することにより出生率は改善すると結論付けている。

しかしながら、プロゲステロン投与の効果は妊娠初期の流産に限定され、妊娠初期(妊娠12週まで)の出血を経験した女性では、プロゲステロン投与による次の妊娠における出生率は大差なく、大きな改善は認められなかった。

(画像はshutterstockより)


外部リンク

American Journal of Obstetrics & Gynecology
https://www.ajog.org/S0002-9378(19)32762-0/fulltext

BJOG
https://obgyn.onlinelibrary.wiley.com/


Amazon.co.jp : プロゲステロン に関連する商品
  • 胚の神経系が正常に発達するうえでビタミンEは不可欠である(9月29日)
  • AIシステムによって体外受精の着床率が向上する(9月26日)
  • 第11回「クスッと笑える夫婦川柳」が作品を募集中(9月25日)
  • 腺筋腫型の子宮腺筋症は原発性不妊症と極めて強い関連性がある(9月25日)
  • 「北九州市」は医療が身近な街であるという調査結果が公開される(9月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ