Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

血清抗ミュラー管ホルモン(AMH)によってDuoStim法の採卵数が予測できる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























血清抗ミュラー管ホルモン(AMH)によってDuoStim法の採卵数が予測できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
抗ミュラー管ホルモンによる効果
7月20日、モデナ・レッジョ・エミリア大学(イタリア)の研究チームは、「Human Reproduction」にて、体外受精において、血清抗ミュラー管ホルモン(AMH)によってDuoStim法の卵巣予備能を予測できると発表した。

なお、DuoStim法とは新しい卵巣刺激法であり、1回目の採卵後に再び卵巣刺激を開始して1サイクルで採卵を2回行う。主に卵巣予備能が低下した女性に対して提案する。

AMH
抗ミュラー管ホルモン値とDuoStim法による卵胞発育数・採卵数における関係性
研究チームは、2021年1月から2022年9月までの期間、体外受精を受ける女性116人を対象に、抗ミュラー管ホルモン値とDuoStim法による卵胞発育数・採卵数における関係性を検証した。

抗ミュラー管ホルモン値には、DuoStim法による採卵数と顕著に関係することが認められた。1回目の排卵と2回目の排卵における総採卵数の相違は、統計学的に有意であると報告された。一方、成熟卵の数は、1回目の排卵と2回目の排卵において大差なかったという。

また、1回目の卵巣刺激後には68%、2回目の卵巣刺激後では74%が1個以上の胎盤法を得られた。AMH基礎値が0.25ng/ml増加すると、1回目ならびに2回目の卵巣刺激による採卵数が1個増えた。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : AMH に関連する商品
  • 妊娠中のメトホルミン服用による長期的な悪影響はない(6月6日)
  • 卵胞期後期のプロゲステロン量は卵巣刺激を併用した人工授精の妊娠率・出生率にどのくらい影響するのだろうか?(6月4日)
  • キスペプチン量が高いとPCOSの妊娠可能性が増す(6月3日)
  • デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある(5月28日)
  • フッ化物が子どもの脳に悪影響を与える可能性がある(5月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ