Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

排卵誘発と人工授精サイクルにおいて抗ミュラー管ホルモンが子宮内膜の厚さに影響を与える

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























排卵誘発と人工授精サイクルにおいて抗ミュラー管ホルモンが子宮内膜の厚さに影響を与える

このエントリーをはてなブックマークに追加
抗ミュラー管ホルモンによる影響
2月6日、アメリカの研究チームは、「Journal of Assisted Reproduction and Genetics」にて、ゴナドトロピン刺激子宮内授精サイクルにおいて、抗ミュラー管ホルモン(AMH)が子宮内膜の発達に影響を与えると発表した。

ただし、子宮内膜の厚さは、臨床妊娠の可能性との関連性はないという。

抗ミュラー管ホルモン
抗ミュラー管ホルモンと子宮内膜の発達における関係性
ゴナドトロピン刺激子宮内授精では、排卵作用のあるヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を投与して排卵を誘発し、排卵日に合わせて、精子を子宮内に注入する。ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)による排卵誘発と人工授精にて妊娠を試みる。

研究チームは、ゴナドトロピン刺激子宮内授精を受ける女性964人(1926サイクル)を対象に、抗ミュラー管ホルモンがhCGトリガー前後の子宮内膜の厚さに与える影響を検証した。

hCGトリガー日(投与日)では、抗ミュラー管ホルモンと子宮内膜の厚さにおいて弱い相関関係が報告された。潜在的交絡因子(相関に何らかの影響を及ぼしうる外部因子・それ以外の要素)を調整すると、正の相関関係が有意になるという。

同様に、抗ミュラー管ホルモンとhCGトリガー前の子宮内膜の厚さは相関関係にあった。抗ミュラー管ホルモンは、卵巣予備能(卵巣機能)を表す指標といわれる。

ただし、特発性不妊症の場合を除き、子宮内膜の厚さは、臨床妊娠の可能性と有意な関連性はないことが認められた。

(画像はJournal of Assisted Reproduction and Genetics」より)


外部リンク

Springer Link
https://link.springer.com/


Amazon.co.jp : 抗ミュラー管ホルモン に関連する商品
  • デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある(5月28日)
  • フッ化物が子どもの脳に悪影響を与える可能性がある(5月27日)
  • 健康的なライフスタイルを維持しながら不妊治療を受けるには自己管理スキルと周囲の理解が欠かせない(5月22日)
  • 体外受精サイクル二回目は一回目より妊娠・出産可能性は高まる(5月19日)
  • 体外受精サイクルにおいてレスキューICSIは効果があるのだろうか?(5月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ