Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

緑茶には婦人科良性疾患に対する潜在的な治療効果がある

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























緑茶には婦人科良性疾患に対する潜在的な治療効果がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
婦人科良性疾患に対する治療効果
3月16日、ジョンズ・ホプキンス・メディスン(アメリカ)は、「Nutrients」にて、緑茶は子宮筋腫、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、更年期症状の潜在的な治療効果をもつと発表した。

緑茶の成分であるカテキンには抗線維化作用、血管新生抑制の効果があり、緑茶を飲むことによって子宮筋腫の深刻な症状は緩和され、子宮内膜症は改善するという。

緑茶
緑茶カテキンがもつ抗線維化作用と血管新生抑制の効果
緑茶は、チャノキ(カメリア・シネンシス)から収穫された葉から作られる。茶葉には抗酸化物質やカテキン(ポリフェノールの一種)が豊富に含まれる。

カテキンは緑茶の主成分であり、お茶の渋みや苦みのもとになる。なかでも、緑茶だけに含有される「エピガロカテキンガレート(EGCG)」には抗線維化作用、血管新生抑制の効果があり、婦人科系疾患をはじめ、多くの疾患に対して潜在的な治療効果があるといわれる。

また、子宮収縮を抑制する効果があり、「エピガロカテキンガレート」によって強い子宮収縮が抑えられ、月経困難症を軽減できる。不妊症における効果については議論の余地があるものの、更年期症状、多嚢胞性卵巣症候群の予防効果も見込まれる。

(画像はNutrientsより)


外部リンク

Nutrients
https://www.mdpi.com/2072-6643/15/6/1439

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 緑茶 に関連する商品
  • デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある(5月28日)
  • フッ化物が子どもの脳に悪影響を与える可能性がある(5月27日)
  • 健康的なライフスタイルを維持しながら不妊治療を受けるには自己管理スキルと周囲の理解が欠かせない(5月22日)
  • 体外受精サイクル二回目は一回目より妊娠・出産可能性は高まる(5月19日)
  • 体外受精サイクルにおいてレスキューICSIは効果があるのだろうか?(5月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ