Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

早産は呼吸器系疾患リスクを増加させる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























早産は呼吸器系疾患リスクを増加させる

このエントリーをはてなブックマークに追加
早産によるリスク
3月30日、フィンランド労働衛生研究所(フィンランド)は、プレリリースにて、早産により、成人期に喘息ならびに慢性閉塞性肺疾患(COPD)になる可能性が高くなると発表した。

早産は妊娠37週未満の出産と定義される。早産児は呼吸器系疾患リスクが増加するといわれるが、今回、早産児のなかでも超早産児(妊娠28週未満に出産)は、喘息またはCOPDリスクが最も高く、満期産児(妊娠39~41週の出産)と比べて約3倍であると報告された。

なお、慢性閉塞性肺疾患とは胚の生活習慣病とも言われ、肺が炎症を起こして呼吸がしにくくなる疾患である。

早産
妊娠期間と呼吸器疾患リスクにおいて関連性
フィンランドの出生登録(1987~1998年)およびノルウェーの出生登録(1967~1999年)に基づく調査より、妊娠期間(在胎期間)と呼吸器疾患リスクにおいて関連性が認められ、妊娠期間が長いほど呼吸器疾患リスクは低下することが判明した。

一方、早産では、成人期に喘息ならびに慢性閉塞性肺疾患(COPD)になる可能性が高くなった。なかでも、乳幼児期に気管支肺異形成症(早産児に典型的な新生児慢性肺疾患)を患っていた場合、呼吸器疾患リスクは最大8倍であった。

ただし、妊娠37週から38週に近い早産では、正期産と比べて呼吸器疾患リスクは僅かに増加したという。また、早産児の呼吸器疾患リスクにおいて、性別による相違は認められなかった。

(画像はFinnish Institute for Health and Welfareより)


外部リンク

Finnish Institute for Health and Welfare
https://thl.fi/


Amazon.co.jp : 早産 に関連する商品
  • 妊娠中のメトホルミン服用による長期的な悪影響はない(6月6日)
  • 卵胞期後期のプロゲステロン量は卵巣刺激を併用した人工授精の妊娠率・出生率にどのくらい影響するのだろうか?(6月4日)
  • キスペプチン量が高いとPCOSの妊娠可能性が増す(6月3日)
  • デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある(5月28日)
  • フッ化物が子どもの脳に悪影響を与える可能性がある(5月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ