Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

非男性因子不妊かつ不妊期間5年以上であると体外受精および顕微授精による治療効果にほぼ同じである

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























非男性因子不妊かつ不妊期間5年以上であると体外受精および顕微授精による治療効果にほぼ同じである

このエントリーをはてなブックマークに追加
体外受精と顕微授精の治療効果
11月28日、西安交通大学(中国)の研究チームは、「BMC Women’s Health」にて、男性側に起因がなく、不妊治療期間が5年以上続いている場合、体外受精(IVF)と顕微授精(ICSI)による治療効果に相違は認められないと発表した。

また、不妊の女性では不妊期間が4.8年を超えると体外受精による受精率が低下すると報告された。

非男性因子
非男性因子不妊症に対する顕微授精の効果
近年、男性不妊を除いた体外受精サイクルにおいて、顕微授精を選択するケースは増加傾向にある。

そこで今回、研究チームは、非男性因子不妊の体外受精および顕微授精17477サイクル(女性4177人、不妊期間5年以上、体外受精3806人と顕微授精371人)を対象に胚移植1回目の出生率、受精率および臨床妊娠率を比較し、男性不因子の長引く不妊における治療効果を検証した。

まず、不妊期間と体外受精の受精率は非線形関係であり、比例の関係にはなかった。女性の不妊期間がターニングポイント(4.8年)を超えると、体外受精による受精率が低下すると報告された。

また、胚移植1回目の出生率は顕微授精より体外受精のほうが高くなった。体外受精および顕微授精において、第二減数分裂中期あたりの受精率、臨床妊娠率に相違は認められなかった。これより、非男性因子不妊かつ不妊期間5年以上である場合、体外受精および顕微授精による治療効果は同じであるといえる。

(画像はBMC Women’s Healthより)


外部リンク

BMC Women’s Health
https://bmcwomenshealth.biomedcentral.com/


Amazon.co.jp : 非男性因子 に関連する商品
  • 妊娠中のストレスは子供が早熟になる要因である(2月27日)
  • 研究の余地はあるものの抗鬱剤が脳の初期発達に悪影響を及ぼす(2月26日)
  • 地中海料理は男性の生殖能力を高める(2月22日)
  • 母親の高タンパク食は子供の肥満リスクを高める可能性がある(2月19日)
  • 早産と自閉スペクトラム症に関係はない(2月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ