Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

PGT-Aは全ての体外受精患者に有効性があるわけではない

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























PGT-Aは全ての体外受精患者に有効性があるわけではない

このエントリーをはてなブックマークに追加
PGT-A実施のタイミング
12月12日、大谷レディスクリニック(兵庫県神戸)は、「Journal of Assisted Reproduction and Genetics」にて、体外受精サイクル1回目が失敗に終わった場合、2回目以降のサイクルにて着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)を実施することにより、年齢に関わらず、患者の負担を軽減できると発表した。

PGT-Aでは胚の染色体を検査して染色体異数性を特定できるが、全ての体外受精患者に有効性があるわけではない。

有意性
体外受精におけるPGT-Aの有効性
研究チームは、体外受精患者2113人(胚盤胞グレード評価を実施済み)を対象に後向きコホート研究を行い、体外受精におけるPGT-Aの有効性を検証した。

PGT-A実施とPGT-A未実施、体外受精サイクル1回目と体外受精サイクル2回目以上(体外受精による出産なし)に分類し、PGT-A実施有無と累積出生率、失敗した体外受精サイクルとPGT-Aサイクルを比較した。

PGT-A実施グループは、PGT-A未実施グループと比較して、患者一人あたりの採卵数が多くなり、一方で胚移植サイクルは減った。あわせて、PGT-A実施グループにおける胚移植1回あたりの臨床妊娠率は増加し、臨床妊娠1回あたりの流産率は減少した。

しかしながら、体外受精サイクル1回目の場合、PGT-A実施による有意性は認められなかった。PGT-A未実施グループと比べて、PGT-A実施グループでは、最初の採卵から出産までの期間が顕著に長くなり、出生率は低くなったという。

(画像はJournal of Assisted Reproduction and Geneticsより)


外部リンク

Springer Link
https://link.springer.com/


Amazon.co.jp : 有意性 に関連する商品
  • トリガーの日の血清プロゲステロン濃度が凍結融解胚移植の出生率に影響を与える(4月12日)
  • 腎機能低下は男性不妊リスクを高める要因になる(4月8日)
  • 妊娠中の魚摂取量は子供の心疾患リスクに影響を与えない(4月4日)
  • 抗てんかん薬「トピラマート」によって子どもの自閉スペクトラム症リスクが増加する可能性はない(3月30日)
  • 生殖補助医療の卵巣刺激によって自然周期の子宮内膜環境に近づく(3月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ