Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

生殖補助医療による妊娠は胎児の染色体異常に影響しない

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























生殖補助医療による妊娠は胎児の染色体異常に影響しない

このエントリーをはてなブックマークに追加
生殖補助医療による影響とは
10月12日、スペインの研究チームは、「Human Reproduction」にて、妊娠方法の種類は無細胞胎児DNA(cffDNA)検査と胎児の染色体比率(FF)に影響を及ぼさないと発表した。

つまり、ダウン症候群(21トリソミー)をはじめ、胎児の染色体異常リスクは、生殖補助医療による妊娠、自然妊娠において相違は認められないという。

染色体異常
妊娠方法と胎児の染色体異常リスクにおける関係性
無細胞胎児DNA検査は出生前検査であり、母体血漿中の胎児由来無細胞DNA(cfDNA)を用いて胎児の染色体異常を検出する。その高い感度と特異性、非侵襲的な性質により、従来の出生前スクリーニングに代替されつつある。

また、近年、生殖補助医療の増加に伴い、無細胞胎児DNA検査件数も増えている。

そこで今回、研究チームは、2015年4月から2019年9月の期間、世界数ヶ所の医療機関にて妊婦21558人(自然妊娠15707人、生殖補助医5851人)を対象に無細胞胎児DNA検査を行い、生殖補助医療による妊娠と自然妊娠における検査結果を比較した。

被験者は妊娠10週目以降に採血を行い、全ゲノムシーケンス解析を用いて母体血漿中の胎児由来無細胞DNAを分析している。

妊娠方法(生殖補助医療による妊娠あるいは自然妊娠)、妊娠年齢(35歳以上あるいは35歳未満)、妊娠数週、母体BMIに基づいて比較したところ、妊娠方法は胎児の染色体比率、無細胞胎児DNA検査に影響を与えないことが認められた。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : 染色体異常 に関連する商品
  • 腸内マイクロバイオームが変化して子宮内膜症が発症する(1月30日)
  • 母体年齢が上昇すると胚盤胞形成に悪影響を与える(1月24日)
  • PCOSかつ過剰体重および肥満の女性は減量によって妊娠可能性が改善される(1月23日)
  • 環境化学物質によって早産が誘発される(1月22日)
  • レーザーアシステッドハッチングは凍結融解胚移植の出生率を高める(1月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ