Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠中の母親の飲酒習慣はパートナーに大きく影響される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠中の母親の飲酒習慣はパートナーに大きく影響される

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期の飲酒を招く要因
6月2日、東フィンランド大学(UEF)の研究チームは、同大学プレスリリースを通じて、妊婦の飲酒とパートナーの飲酒と相関関係があると発表した。

妊娠期のアルコール摂取は、パートナーの飲酒習慣の影響を受けるという。パートナーの飲酒量や飲酒頻度が高いほど、妊娠中の女性が飲酒する傾向が強まる。それゆえ、妊娠期の飲酒習慣を断ち切るには、パートナーの協力が不可欠であるだろう。

飲酒習慣
妊娠中の女性の飲酒とパートナーの飲酒における関係性
妊娠中の母親が飲酒することにより、胎児はアルコールに晒される。母親の飲酒量や飲酒頻度に関わらず、胎児期のアルコール曝露は、胎児の成長・発達に悪影響を及ぼす。

今回、研究チームは2009年から2018年の期間、妊活中および妊娠中のフィンランド人女性1万4822人とそのパートナーを対象に、アルコール摂取量を調査した。

最終的に合計2万1472人に対して調査を実施したところ、86%に妊娠前の飲酒習慣があり、うち25%は妊娠中も飲酒していたという。一方、妊娠前と妊娠後において、パートナーの飲酒量は減ることもなく、飲酒習慣に変化は認められなかった。

また、妊娠前のパートナーの飲酒習慣は、女性の飲酒量や飲酒頻度に強く関連し、弱いながらも妊娠期の飲酒と重要な関連性があると報告された。つまり、妊娠中の女性の飲酒、飲酒量や飲酒頻度は、パートナーの影響を大きく受けているといえる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNIVERSITY OF EASTERN FINLAND
https://www.uef.fi/


Amazon.co.jp : 飲酒習慣 に関連する商品
  • 緑茶には婦人科良性疾患に対する潜在的な治療効果がある(3月24日)
  • 子宮内膜症に関連する遺伝子が発見されて子宮内膜症の診断・治療法の確立に一歩近づく(3月22日)
  • 就寝前に人工光を浴びることで妊娠糖尿病リスクが増加する(3月22日)
  • ビタミンD濃度が高まると体外受精の妊娠率も高まる(3月21日)
  • 原因不明の流産は遺伝子変異体によって生じると考えられる(3月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ