Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠中の母親の飲酒習慣はパートナーに大きく影響される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠中の母親の飲酒習慣はパートナーに大きく影響される

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期の飲酒を招く要因
6月2日、東フィンランド大学(UEF)の研究チームは、同大学プレスリリースを通じて、妊婦の飲酒とパートナーの飲酒と相関関係があると発表した。

妊娠期のアルコール摂取は、パートナーの飲酒習慣の影響を受けるという。パートナーの飲酒量や飲酒頻度が高いほど、妊娠中の女性が飲酒する傾向が強まる。それゆえ、妊娠期の飲酒習慣を断ち切るには、パートナーの協力が不可欠であるだろう。

飲酒習慣
妊娠中の女性の飲酒とパートナーの飲酒における関係性
妊娠中の母親が飲酒することにより、胎児はアルコールに晒される。母親の飲酒量や飲酒頻度に関わらず、胎児期のアルコール曝露は、胎児の成長・発達に悪影響を及ぼす。

今回、研究チームは2009年から2018年の期間、妊活中および妊娠中のフィンランド人女性1万4822人とそのパートナーを対象に、アルコール摂取量を調査した。

最終的に合計2万1472人に対して調査を実施したところ、86%に妊娠前の飲酒習慣があり、うち25%は妊娠中も飲酒していたという。一方、妊娠前と妊娠後において、パートナーの飲酒量は減ることもなく、飲酒習慣に変化は認められなかった。

また、妊娠前のパートナーの飲酒習慣は、女性の飲酒量や飲酒頻度に強く関連し、弱いながらも妊娠期の飲酒と重要な関連性があると報告された。つまり、妊娠中の女性の飲酒、飲酒量や飲酒頻度は、パートナーの影響を大きく受けているといえる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNIVERSITY OF EASTERN FINLAND
https://www.uef.fi/


Amazon.co.jp : 飲酒習慣 に関連する商品
  • 妊娠中のメンタルヘルスが妊娠期間に影響を及ぼす(10月4日)
  • 新型コロナワクチン接種によって月経周期が一時的に長くなる(10月3日)
  • 母親のPCOSは娘の思春期の発達を加速させる(9月28日)
  • 体外受精および顕微授精の新鮮胚移植では血圧が正常値であるほど出生率は高まる(9月25日)
  • 精子と卵子の受精を助けるタンパク質が発見される(9月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ