Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

肥満男性は減量にて生殖能力が改善する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























肥満男性は減量にて生殖能力が改善する

このエントリーをはてなブックマークに追加
肥満男性の減量が生殖能力に与える影響
5月23日、コペンハーゲン大学(デンマーク)の研究チームは、同大学プレスリリースを通じて、肥満男性では減量によって精液の質が向上し、減量してそのままの体重を維持すると精子数が2倍まで増加すると発表した。

なお、研究論文は「Human Reproduction」に掲載されている。

肥満
精子数と妊娠確率における相関関係
近年、世界規模として精子数の減少や精子の質の悪化が指摘されており、男性の生殖能力は低下しているといわれる。

一方、精子数と妊娠可能性には相関関係が成立し、精子数の増加に伴い、妊娠可能性は高まり、妊娠までの期間は短くなる。つまり、精子数を増やすことによって妊娠確率が増すという。

精子の質と減量の関係性
肥満は精子数を減少させ、先行研究では、減量と精液の質には関連性が認められている。今回、研究チームは、肥満男性56人(18~65歳、BMI値32~43)を対象に、精子の質と減量の関係性を検証した。

被験者は、8週間の食事療法(低カロリー食)、その後、4グループに分けて運動療法と肥満治療薬の投与を行い、最長52週掛けて平均16.5kg減量した。

その後8週間、減量した体重を維持したところ、精液の質が改善した。精子濃度は50%まで、精子数では40%まで増加したという。

さらに、減量後一年間そのままの体重を維持した男性では、減量前と比べて精子細胞が2倍増加した。一方、減量後リバウンドした男性は、減量によって精液の質は向上したものの、リバウンドによって再び精液の質は低下した。

なお、運動療法グループでは、1週間あたり中等度レベル最低150分、高強度レベル最低75分、中等度レベルと高強度レベルの組み合わせにて減量に取り組んだ。肥満治療薬グループでは、さらに運動プログラムなし治療薬のみ投与、運動プログラムあり治療薬投与と二分化した。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNIVERSITY OF COPENHAGEN
https://healthsciences.ku.dk/


Amazon.co.jp : 肥満 に関連する商品
  • 妊娠前のストレスが流産リスクを高める(8月18日)
  • 顆粒膜細胞は卵巣予備能力のマーカーとなる(8月12日)
  • ホルモン量を抑えることで体外受精出生率は改善する(8月9日)
  • 皮膚細胞から卵子を作製する技術研究を促進させて妊娠を可能にする(8月9日)
  • 両親の高齢化は妊娠結果に悪影響を及ぼす(8月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ