Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

凍結融解胚移植では子宮内膜の調整を検討する価値はある

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























凍結融解胚移植では子宮内膜の調整を検討する価値はある

このエントリーをはてなブックマークに追加
凍結融解胚移植における子宮内膜の調整
11月5日、ペンシルベニア大学、ペンシルベニア大学病院によるアメリカの研究チームは、「Journal of Assisted Reproduction and Genetics」にて、子宮内膜の調整により、人種間の凍結融解胚移植の出生率に相違は生じないと発表した。

凍結融解胚移植に備えて子宮内膜の着床環境を人工的にコントロールすることで、白人女性、黒人女性、アジア人女性における出生率に大差はないという。なお、自然周期法の凍結融解胚移植では、出生率に相違が生じたと報告されている。

t凍結融解胚移植
人種と凍結融解胚移植の出生率における関係性
研究チームは、2013年1月から2020年3月に掛けて、白人女性・黒人女性・アジア人女性の凍結融解胚移植サイクル(白人1181回、黒人230回、アジア人235回)を対象に、人種と凍結融解胚移植の出生率における関係性を検証した。

retrospective chart review(医療記録・カルテレビュー)を介して凍結融解胚移植の出生率を比較したところ、白人女性とアジア人女性の妊娠検査の陽性率、臨床的妊娠率、出生率において相違は認められなかった。一方、黒人女性は、白人女性と比べて、妊娠検査の陽性率、臨床的妊娠率、出生率が著しく低くなった。

あわせて、子宮内膜の着床状態から比較すると、自然周期法(自然の排卵周期に合わせて受精卵を移植する方法)の凍結融解胚移植では出生率に大きな相違が生じ、白人女性52.36%、黒人女性44.19%、アジア人女性44.19%となった。

ホルモン注射などで子宮内膜の着床環境を人工的に調整した場合、人種間の出生率は大差なかったという。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Springer
https://link.springer.com/


Amazon.co.jp : t凍結融解胚移植 に関連する商品
  • 妊娠中の人工甘味料摂取によって子供の肥満リスクを高める(1月24日)
  • 肥満女性の減量は不妊治療に直接的に影響しない(1月24日)
  • 「NPO法人Fine」が、第73回保健文化賞を受賞(1月19日)
  • 「ninpath」がメンタル面を支援する新機能を実装(1月18日)
  • 妊娠初期の睡眠呼吸障害によって妊娠糖尿病リスクが高まる(1月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ