Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

大気汚染によって精子数が減少する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























大気汚染によって精子数が減少する

このエントリーをはてなブックマークに追加
大気汚染による健康被害
10月21日、メリーランド医科大学(アメリカ)の研究チームは、同大学プレスリリースを通じて、マウスを用いた動物モデル実験を通じて、大気汚染によって脳に炎症が生じ、精子数が減少すると発表した。

今回、初めて、大気汚染曝露によって健康被害が引き起こるメカニズムが解明された。脳の炎症によって不妊症をはじめ、肥満、糖尿病といった疾患を発症すると推測される。

なお、研究論文は「Environmental Health Perspectives」に掲載されている。

大気汚染
大気汚染が生殖機能に及ぼす影響
大気汚染と疾患には因果関係があり、肥満や糖尿病、不妊などの疾患リスクを高めるといわれるが、これまで、健康状態に悪影響を及ぼすメカニズムの解明には至らなかった。

そこで、研究チームは、マウスを用いた動物モデル実験を行い、大気汚染が生殖機能に及ぼす影響を検証した。

生殖は、脳の視床下部・下垂体にて制御されている。つまり、脳は生殖器官を司り、ストレス状況下において生殖能力や精子数に直接的な影響を与えるのは脳である。例えば、女性の場合、感情的なストレスが増幅すると脳がダメージを受け、それによって月経周期が乱れる。

今回の研究では、大気汚染物質の曝露と生殖能力の低下において因果関係が認められた。大気汚染物質に晒されたマウス脳は外的ストレスによるダメージを受けて炎症が引き起こり、精子数が減少したという。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UNIVERSITY of MARYLAND SCHOOL OF MEDICINE
https://www.medschool.umaryland.edu/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/

Amazon.co.jp : 大気汚染 に関連する商品
  • 妊娠中の人工甘味料摂取によって子供の肥満リスクを高める(1月24日)
  • 肥満女性の減量は不妊治療に直接的に影響しない(1月24日)
  • 「NPO法人Fine」が、第73回保健文化賞を受賞(1月19日)
  • 「ninpath」がメンタル面を支援する新機能を実装(1月18日)
  • 妊娠初期の睡眠呼吸障害によって妊娠糖尿病リスクが高まる(1月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ