Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

受精卵の成長速度はBMI値に影響される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























受精卵の成長速度はBMI値に影響される

このエントリーをはてなブックマークに追加
受精卵の発育の影響因子
11月22日、アメリカの研究チームは、「Journal of Assisted Reproduction and Genetics」にて、受精卵の発育速度とBMI値には関連性があると発表された。女性の体重は受精卵の発育に影響を与え、低体重の場合、受精卵の発育は速まるという。

なお、BMI値は、低体重(BMI値18.5未満の痩せ型)、普通体重(18.5~25未満の普通体重)、過体重(BMI値25~30未満の肥満)、肥満(BMI30以上の肥満)に分類される。

BMI
受精卵の発育速度とBMI値における関係性
研究チームは、2015年6月から2017年4月の期間、体外受精サイクル589回(受精卵2150個)を対象に、タイムラプス顕微鏡を用いてBMI値が異なる女性から採取した受精卵の形態を比較した。

なお、受精卵2150個の内訳は、低体重56個、普通体重1252個、過体重502個、肥満340個であった。

受精、2細胞期、3細胞期、4細胞期、8細胞期のタイミングに基づき、受精卵の発育速度を比較したところ、低体重グループが最短となった。

低体重グループにおける8細胞期までの平均発育時間は、普通体重グループと比べて4.3時間少ないと報告された。また、過体重グループより4.6時間短くなった。ただし、人種・民族による差異は認められなかった。

(画像はSpringerより)


外部リンク

Springer
https://link.springer.com/


Amazon.co.jp : BMI に関連する商品
  • 妊娠前のストレスが流産リスクを高める(8月18日)
  • 顆粒膜細胞は卵巣予備能力のマーカーとなる(8月12日)
  • ホルモン量を抑えることで体外受精出生率は改善する(8月9日)
  • 皮膚細胞から卵子を作製する技術研究を促進させて妊娠を可能にする(8月9日)
  • 両親の高齢化は妊娠結果に悪影響を及ぼす(8月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ