Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠初期の飲酒・喫煙によって死産リスクが約3倍になる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠初期の飲酒・喫煙によって死産リスクが約3倍になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠初期の飲酒・喫煙による危険性
8月23日、アメリカ国立衛生研究所は、同研究所プレスリリースを通じて、妊娠初期の飲酒と喫煙の組み合わせにより、後期死産(妊娠28週以降の死産)のリスクが高まると発表した。

妊娠初期の母親が飲酒に加えて喫煙をした場合、非飲酒・非喫煙者と比べて死産リスクが約3倍になることが認められた。

飲酒・喫煙
妊娠初期の飲酒と喫煙の組み合わせと死産リスクにおける関係性
これまで、妊娠期の喫煙が、死産率を増加させることは報告されていた。今回、研究チームは、南アフリカとアメリカ北部の妊婦約12000人を対象に、妊娠初期の飲酒と喫煙の組み合わせと死産リスクにおける関係性を検証した。

飲酒・喫煙なしの妊婦、妊娠中期前に禁酒・禁煙した妊婦と比較したところ、妊娠初期および中期以降も飲酒・喫煙ありの妊婦は、後期死産率が2.78倍であった。

なお、先行研究では、妊娠初期以降もアルコール、ニコチンに晒された子供では、乳幼児突然死症候群リスクが12倍になると報告されている。

研究チームは、妊娠初期における飲酒と喫煙の組み合わせは悪影響を及ぼし、死産リスクを増加させると結論付けている。

(画像はNatinal Institutes of Healthより)


外部リンク

Natinal Institutes of Health
https://www.nih.gov/


Amazon.co.jp : 飲酒・喫煙 に関連する商品
  • 「ヘルスリテラシー」を高めるセミナー・カウンセリングが好評開催中(10月22日)
  • 「第16回不妊治療の終結を一緒に考える会」が渋谷で開催(10月22日)
  • 新型コロナウイルスによって精子数は減少する(10月20日)
  • 遺伝子変異によって女性不妊が生じる(10月19日)
  • 精子鞭毛の形態異常によって乏精子無力症が生じる(10月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ