Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

精子中心体が精子運動や受精に影響する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























精子中心体が精子運動や受精に影響する

このエントリーをはてなブックマークに追加
精子の新たな機能
6月21日、トレド大学の研究チームは、「Nature Communications」にて、精子に新たな機能を認め、頸部に存在する精子中心体には伝送システムとして頭部の収縮運動を制御し、頭部の動きに尾部を機械的に同調させる働きがあると発表した。

この新たな発見により、男性不妊に対する革新的な診断および治療方法が確立できると期待される。

精子中心体
精子中心体と精子起因の男性不妊
精子中心体は細胞小器官として剛構造をもち、内部中心にある中心子を保護している。また、これまで、卵子と精子が受精すると、精子を介して1つあるいは2つの中心体が受精卵に引き継がれることは知られている。

今回、精子中心体の働きが明らかとなったが、精子運動には、頭部と尾部の同調が欠かせない。頭部と尾部が同調できない場合、精子は遊泳できず、卵管を通り抜けて卵子まで到達し、受精することはできない。それゆえ、精子中心体は男性不妊の要因と成り得る。

あわせて、精子運動、初期の受精卵に影響を与えることが認められ、流産や先天性疾患にも関与するという。

(画像はNature Communicationsより)


外部リンク

Nature Communications
https://www.nature.com/articles/s41467-021-24011-0

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 精子中心体 に関連する商品
  • 子癇前症を引き起こす主な要因が特定される(9月17日)
  • 「jineko.net」秋号が発刊される(9月17日)
  • 妊娠中の新型コロナウイルス感染は早産リスクを高める(9月17日)
  • 「着床検査」に関する無料セミナーが開催決定(9月14日)
  • 精巣組織と精漿内の物質が特発性非閉塞性無精子症の精子回収率に影響する(9月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ