Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠糖尿病の発症歴がある女性は1型および2型糖尿病の発症リスクが増す

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠糖尿病の発症歴がある女性は1型および2型糖尿病の発症リスクが増す

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠糖尿病に伴うリスク
5月26日、ヘルシンキ大学病院(フィンランド)の研究チームは、「European Society of Endocrinology」にて、妊娠糖尿病の発症歴がある女性は1型および2型糖尿病の発症リスクが増すと発表した。

糖尿病は慢性疾患であり、膵臓からインスリンが十分に分泌されず、体内でインスリンが機能しない。一方、妊娠糖尿病は、妊娠期のみに発症し、出産に伴い症状はなくなる。今回、妊娠糖尿病を発症した女性のうち、半数が2型糖尿病を発症したと報告された。また、1型糖尿病を発症した女性は5.7%であった。

妊娠糖尿病
妊娠糖尿病と1型および2型糖尿病における関係性
研究チームは、妊娠糖尿病を発症した女性391人(1984~1994年生まれ)を対象に、妊娠糖尿病と1型および2型糖尿病における関係性を検証した。23年に亘って追跡調査を続け、2012年から2013年にアンケート調査を実施した。

調査を通じて、グルタミン(GAD)および膵島細胞抗体(ICA)が1型糖尿病の予測因子となることが認められた。妊娠中にグルタミン(GAD)および膵島細胞抗体(ICA)が検出された場合、その後、高い確率で1型糖尿病を発症したという。

糖尿病の危険因子としては遺伝子および環境要因があり、健康状態の問題・異常が重なることによって発症するといわれる。研究チームは、妊娠糖尿病が糖尿病の危険因子に成り得ると結論付けている。

(画像はEuropean Society of Endocrinologyより)


外部リンク

European Society of Endocrinology
https://www.ese-hormones.org/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 妊娠糖尿病 に関連する商品
  • 自然妊娠児と体外受精児において冠状動脈性心疾患の発症率は大差ない(7月30日)
  • 日本初!妊活に特化した「味噌」が完売(7月29日)
  • 不妊治療中でも安心して食べられる「アイスクリーム」(7月29日)
  • 妊娠前に抗生物質を服用しても妊娠可能性に影響しない(7月27日)
  • 母体の胎児に対する免疫寛容システムには胸腺にある細胞の存在が欠かせない(7月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ