Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

DHAによって早産リスクを軽減できる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























DHAによって早産リスクを軽減できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
早産リスクを低下させる栄養素
5月17日、カンザス大学医療センターなどアメリカの研究チームは、「EClinical Medicine」にて、妊娠中にドコサヘキサエン酸(DHA)をサプリメントにて補完することにより、早産リスクを軽減できると発表した。

今回、妊娠後期の母親が妊婦用DHAサプリメント1000mgを服用した場合、200mgと比べて大幅に早産リスクが低下したことが認められた。

DHAサプリメント
妊娠中のDHA摂取の重要性
DHAはオメガ3脂肪酸の一種であり、カタクチイワシや鮭など魚の脂身に含まれる。心臓の健康状態や視力の改善、炎症反応の軽減に効果があり、特に、胎児および乳幼児の脳発達に欠かせない。

類似した栄養素には、エイコサペンタエン酸(EPA)がある。しかしながら、DHA・EPA共に体内での生成量は極めて少なく、サプリメントにて補完し、適量を保つことが重要である。

これまで、先行研究を通じて、妊娠中のDHAサプリメント摂取により、胎児の神経発達が促され、自閉症スペクトラム症や注意欠陥多動性障害(ADHD)などの神経発達障害リスクが軽減すると報告されている。

DHAは体内での生成量が僅かであるため、妊娠中の女性に対して妊婦用DHAサプリメント200mg、300mgの摂取が推奨されている。

妊娠中のDHA摂取による効果
研究チームは、2016年6月8日から2020年3月13日の期間、アメリカ最大規模の医療センター3ヶ所にて妊婦1110人程度(妊娠12~20週)を対象に、妊娠中のDHAサプリメント摂取と早産リスクにおける関係性を検証した。

被験者にはDHAサプリメント1000mgおよび200mgを摂取してもらい、効果を比較したところ、妊娠中に高用量(1000mg)サプリメントを摂取した女性576人の早産リスクは2%であった。200mgサプリメントを摂取した女性524人(4.1%)と比べ、早産リスクは低くなった。

また、日常的にDHAサプリメントの服用習慣があり、今回の研究スタート時点において体内のDHAレベルが高かった女性は、さらに早産リスクは低く、1.3%となった。

つまり、妊娠中のDHAサプリメント摂取はもちろん、妊娠を望む女性は日常的にDHAサプリメントを摂取しておくことが重要であるといえる。

(画像はEClinical Medicineより)


外部リンク

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/

EClinical Medicine
https://www.thelancet.com/



Amazon.co.jp : DHAサプリメント に関連する商品
  • 自然妊娠児と体外受精児において冠状動脈性心疾患の発症率は大差ない(7月30日)
  • 日本初!妊活に特化した「味噌」が完売(7月29日)
  • 不妊治療中でも安心して食べられる「アイスクリーム」(7月29日)
  • 妊娠前に抗生物質を服用しても妊娠可能性に影響しない(7月27日)
  • 母体の胎児に対する免疫寛容システムには胸腺にある細胞の存在が欠かせない(7月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ