Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

アルブミンによって精子は活性化されて卵子と受精できる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























アルブミンによって精子は活性化されて卵子と受精できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
受精におけるアルブミンの重要性
6月22日、カリフォルニア大学アーバイン校(アメリカ)の研究チームは、同大学プレスリリースを通じて、アルブミンと電位依存性プロトンチャネルにおける関係性によって精子が活性化され、精液から放出された精子が卵管を通り抜け、卵子へ侵入して受精できると発表した。

男性の精液内に含まれるアルブミンは少量であるが、女性の卵管には多量のアルブミンが存在する。卵管のアルブミンが、精子の卵管内への進入および卵子との受精を補助するという。それゆえ、体外受精において、アルブミン投与が重要になる。

アルブミン
アルブミンと電位依存性プロトンチャネルにおける関係性
アルブミンは、血清タンパク質のうち最も量が多いタンパク質であり、電位依存性プロトンチャネル(活性酸素産生の制御、精子の成熟調節など生命現象に関与する重要なチャネル分子)を活性化する働きをもつ。

今回、アルブミンと電位依存性プロトンチャネルにおける関係性を調査するなかで、アルブミンが直に電位依存性プロトンチャネルと結束し、チャネルが活性化することが確認された。

あわせて、アルブミンは、自然免疫応答において好中球(白血球の一種)に炎症仲介物質を放出させて炎症を抑制させるとも報告された。なお、研究論文は、「Nature Communications」に掲載されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UCI School of Medicine
https://som.uci.edu/


Amazon.co.jp : アルブミン に関連する商品
  • 子癇前症を引き起こす主な要因が特定される(9月17日)
  • 「jineko.net」秋号が発刊される(9月17日)
  • 妊娠中の新型コロナウイルス感染は早産リスクを高める(9月17日)
  • 「着床検査」に関する無料セミナーが開催決定(9月14日)
  • 精巣組織と精漿内の物質が特発性非閉塞性無精子症の精子回収率に影響する(9月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ