Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

プロゲステロンのバランスが早産の要因になる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























プロゲステロンのバランスが早産の要因になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
早産や遷延分娩の要因
3月11日、国立衛生研究所(NIH)は、プレリリースを通じて、不均衡なプロゲステロンシグナルが早産、遷延分娩(分娩時間が長引く)の要因に成り得ると発表した。研究論文は、「Proceedings of the National Academy of Sciences」に掲載されている。

なお、遷延(せんえん)分娩とは、陣痛開始から一定時間が経過しても(初産婦は30時間以上、経産は15時間以上)、子供が生まれない状態を指す。

プロゲステロン
妊娠期間におけるプロゲステロン受容体の働き
妊娠中、プロゲステロン(黄体ホルモン)は子宮収縮を抑制するため、早産予防と妊娠継続にはプロゲステロン量の維持が不可欠となる。プロゲステロンによる働きは分子シグナルを通じて起こり、プロゲステロン受容体タイプA(PGR‐A)およびタイプB(PGR‐B)が関与する。

先行研究では、PGR‐Aが分娩開始に関わるプロセスを制御し、PGR‐Bは正常な妊娠経過・妊娠維持に関わる分子に対して影響を与えると報告されていた。

今回、研究チームは、遺伝子操作にて子宮筋層におけるPGR‐AとPGR‐Bの比率を変化させたマウスを用いて、PGR‐AシグナルとPGR‐Bシグナルのバランスが妊娠に与える影響を検証した。

マウスを用いた動物モデル実験により、PGR‐Aは筋収縮を促進させ、PGR‐Bには筋収縮を防ぐ働きがあることが認められた。今後、筋収縮を促進させる分子をコントロールすることによって早産を予防できると考えられ、新たな発見は早産の治療に活かせると期待される。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

NIH
https://www.niehs.nih.gov/

MEDINDIA
https://www.medindia.net/


Amazon.co.jp : プロゲステロン に関連する商品
  • 凍結融解胚移植では栄養外胚葉の質が胎児の大きさに影響する(5月11日)
  • 在胎期間と子供の神経発達障害には関係性がある(5月7日)
  • 妊活専門鍼灸師が「最短で妊娠するためのプログラム」を伝授!(5月7日)
  • 「cocoromi」アプリ版が正式リリース(5月6日)
  • 妊娠期におけるタバコ・大気汚染曝露によって子供の行動発達に影響が生じる(5月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ