Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

短期的な鍼治療は体外受精成功率に与える効果は少ない

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























短期的な鍼治療は体外受精成功率に与える効果は少ない

このエントリーをはてなブックマークに追加
体外受精と鍼治療の効果
これまで、数多くの先行研究において、鍼治療が体外受精成功率を改善すると報告されてきた。

今回、西シドニー大学NICM健康研究所、アデレード大学など複数の大学や研究機関による共同研究チームは、「JAMA」にて、鍼治療と体外受精の出生率における相関関係はないと発表した。体外受精サイクル中に鍼治療を受けた場合の出生率は、鍼治療を受けなかった場合と比べ、大差なかったと結論付けている。

鍼治療
鍼治療と体外受精の出生率の関係性
研究チームは、2011年6月から2015年10月に掛けて、からオーストラリア・ニュージーランドの16医療機関にて新鮮胚を用いた体外受精を受けている女性848人(18~42歳)を無作為に選び、胚移植の成功率と鍼治療の関係性を検証した。

被験者は2グループに分けられ、卵巣刺激期間中と胚移植当日に鍼治療、あるいは疑似鍼治療(ツボから離れた箇所に鍼を挿入する)を受けた。出生率を比較したところ、鍼治療を受けた女性の出生率は18.3%、疑似鍼治療では17.8%、大差ない結果となった。

研究チームを率いるNICMのキャロライン・スミス(Caroline Smith)教授は、体外受精における鍼治療の効果を否定しているわけでないと強調する。しかしながら、短期的な鍼治療は、体外受精の出生率に与える効果は少ないと説明する。

(画像はPixabayより)


外部リンク

NICM
http://www.nicm.edu.au/

JAMA
http://www.nicm.edu.au/
Amazon.co.jp : 鍼治療 に関連する商品



  • 妊活での「気持ちのすれ違い」に関する記事が公開(10月24日)
  • 糖尿病予備軍の男性は不妊である可能性が高い(10月23日)
  • 「男性不妊」のインタビュー記事第2弾が公開(10月22日)
  • 免疫システムの抑制により早産を止める(10月22日)
  • 健康な母子には妊娠39週での誘発分娩が有益である(10月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->