Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

ウォーキングが妊娠可能性を高める

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























ウォーキングが妊娠可能性を高める

このエントリーをはてなブックマークに追加
身体活動・運動と女性の妊娠可能性における関係性
マサチューセッツ大学アマースト校公衆衛生保健学部のブライアン・ウィットコム(Brian Whitcomb)准教授と同学部卒業生のリンジー・ルッソ(Lindsey Russo)氏は、「Human Reproduction」にて、歩くことにより女性の生殖能力が改善され、妊娠率が高まると発表した。

ウォーキング
ウォーキングが妊娠可能性に与える効果
1回あるいは2回の妊娠損失を経験した女性1214人(18~40歳)を対象に、EAGeR試験(妊娠前からの低用量アスピリン服用による妊娠効果を調べた無作為比試験)を用いて身体活動・運動と女性の生殖能力における関係性を検証した。

データ分析結果より、ウォーキングと妊娠可能性の改善における関係性について肯定的証拠が得られた。

ルッソ氏は、妊娠損失を1、2回経験した女性において、短時間(10分未満)のウォーキングであっても受胎確率(妊娠成立)を改善する効果があると述べ、特に、BMI値が高い肥満体型の女性では歩くことにより妊娠可能性が改善したと説明する。

また、歩くこと以上に妊娠可能性の改善、妊娠率の向上が期待できる身体活動・運動はなく、ウォーキングを除いた身体活動・運動と妊娠率の向上における関係性は立証されなかった。

ウォーキングを除いた身体活動・運動と妊娠可能性における関係性
研究では、1週間あたりの身体活動・運動が合計4時間以上である場合、運動しない女性に比べ、顕著に妊娠可能性は高いことが認められた。しかしながら、中程度の身体活動・運動は、妊娠率の向上と無関係であったと報告されている。

(画像はPixabayより)


外部リンク

UMassAmherst
http://www.umass.edu/
Amazon.co.jp : ウォーキング に関連する商品



  • 妊活での「気持ちのすれ違い」に関する記事が公開(10月24日)
  • 糖尿病予備軍の男性は不妊である可能性が高い(10月23日)
  • 「男性不妊」のインタビュー記事第2弾が公開(10月22日)
  • 免疫システムの抑制により早産を止める(10月22日)
  • 健康な母子には妊娠39週での誘発分娩が有益である(10月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->