Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

EFIスコアにより子宮内膜症の自然妊娠率が予測できる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























EFIスコアにより子宮内膜症の自然妊娠率が予測できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
子宮内膜症における自然妊娠率
四川大学西中国第二大学病院の研究チームは、「Reproductive BioMedicine Online」にて、子宮内膜症を起因とした女性不妊で腹腔鏡検査を受けた場合、「endometriosis fertility index (EFI)」により自然妊娠率が予測可能であると発表した。

「endometriosis fertility index」は、子宮内膜症術後の自然妊娠可能性を予測する指標である。手術時における症状の程度、要因、手術後の卵巣・卵管機能に基づき、自然妊娠率(EFIスコア)を算出する。

子宮内膜症
子宮内膜症と女性不妊
子宮内膜症は女性不妊の主な要因となるが、いまだメカニズムの解明には至っていない。症状の程度に関わらず、侵襲的外科手術である腹腔鏡検査にて治療する。

EFIスコアの信憑性
研究チームは、2008年1月から2012年12月に掛けて、卵管閉塞の女性1325人を対象に、EFIスコアの信憑性を検証した。被験者は片側あるいは両側の卵管が閉塞し、調査開始前の一年間は自然妊娠に至っていない。また、2013年3月から2015年12月に掛けて、被験者のうち1097人に対して追跡調査を実施した。

手術後、505人(46.03%)が自然妊娠した。累積妊娠率とEFIスコアの合致性を測定したところ、EFIスコアの増加に伴い、自然妊娠率は高まると結論付けられた。つまり、EFIスコアが低い場合、自然妊娠率は低下し、不妊治療の必要性があるという。また、判断の閾値は、EFIスコア7.5であると認められた。

腹腔鏡検査後2年以内は高い妊娠率
合わせて、調査を通して、自然妊娠率、不妊治療による妊娠率が最も高まる時期が腹腔鏡検査から2年以内であることが確認された。

研究チームは、腹腔鏡検査後、自然妊娠に至らない場合、手術後2年以内に不妊治療を受けることを推奨する。

(画像はPixabayより)


外部リンク

ENDOMETRIOSIS NEWS
https://endometriosisnews.com/

ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/


Amazon.co.jp : 子宮内膜症 に関連する商品



  • 精神状態は体外受精成功率に影響しない(7月16日)
  • 妊娠初期の鉄量が妊娠後期の甲状腺機能に影響する(7月16日)
  • 腸内細菌は子供の健康に影響する(7月15日)
  • 「ルナルナ」と「haco!」がコラボレーション(7月14日)
  • 甲状腺機能が卵巣予備能に影響する(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    妊活基本情報



    お問い合わせ