Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

PCOSのマウスにおいて生殖能力の回復に成功した

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























PCOSのマウスにおいて生殖能力の回復に成功した

このエントリーをはてなブックマークに追加
PCOSと生殖能力の回復
オタゴ大学の研究チームは、「Journal of Clinical Investigation Insight」にて、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状がある雌マウスにおいて、脳を書き換えることにより生殖能力の回復に成功したと発表した。脳に対して、アンドロゲン(男性ホルモン)の分泌を抑制するように働き掛け、生殖能力を回復させるという。

PCOSはホルモン障害であり、女性不妊を引き起こす。主な自覚症状は、ホルモン異常による体重増加、多毛、排卵・月経周期の乱れである。

PCOS
PCOS治療の将来性
研究チームは、マウスを用いた動物モデル実験を行い、PCOSの原因を卵巣ではなく、脳回路の変化にあると特定した。脳回路の変化によりアンドロゲンが過剰に分泌され、男性化し、生殖能力の低下と女性不妊が生じると結論付けている。

同大学のレベッカ・キャンベル(Rebecca Campbell)准教授は、思春期の始まりに脳回路が変化し、PCOSの症状が引き起こると説明する。

なお、今回の研究では臨床試験は実施されていないが、病理の初期段階にて脳回路を変更することにより、アンドロゲンの分泌量が正常値となり、PCOSの症状がある成人女性の生殖機能を正常化させ、生殖能力が回復できる可能性を示唆している。

(画像はPixabayより)


外部リンク

JCI INSIGHT
https://insight.jci.org/articles/view/99405

nzherald.co.nz
http://www.nzherald.co.nz/


Amazon.co.jp : PCOS に関連する商品



  • 精神状態は体外受精成功率に影響しない(7月16日)
  • 妊娠初期の鉄量が妊娠後期の甲状腺機能に影響する(7月16日)
  • 腸内細菌は子供の健康に影響する(7月15日)
  • 「ルナルナ」と「haco!」がコラボレーション(7月14日)
  • 甲状腺機能が卵巣予備能に影響する(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    妊活基本情報



    お問い合わせ