Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

肥満により精液の炎症度が高まって精子の質が低下する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























肥満により精液の炎症度が高まって精子の質が低下する

このエントリーをはてなブックマークに追加
肥満と生殖能力の減退
上海交通大学医学院の研究チームは、「Frontiers in Physiology」にて、肥満により精液の炎症度が高まり、精子の質が低下すると発表した。炎症度とBMI値は相関関係にあるという。

これまで、肥満は特異的タンパク質を生成・分泌させ、身体組織に慢性炎症を引き起こすと立証されていた。今回、肥満による生殖能力の低下、男性生殖器の慢性炎症が認められた。

肥満
マウスを用いた動物モデル実験
研究に先立ち、研究チームは標準体重と肥満のマウスを用いた動物モデル実験を行った。雄マウスの生殖管の炎症度を比較したところ、肥満状態の雄マウスは男性器の構造が変化し、テストステロン(男性ホルモンの一種)を含む性ホルモンの分泌が減少し、精巣内に炎症性タンパク質が増加した。

炎症性タンパク質は、精液の機能を劣化させ、精巣内にある細胞に影響を与えて精液の生成を妨げるといわれる。

肥満と精子の質、炎症度の関係性
研究チームが、男性272人(普通82人、軽度肥満150人、肥満40人)を対象に精液を採取したところ、被験者のBMI値に比例して炎症性タンパク質の増加が確認できた。一方、精子濃度、運動率は、BMI値と反比例関係にあった。

動物モデル実験と臨床試験の研究結果より、肥満が慢性炎症を引き起こし、男性生殖器に損傷を与え、生殖能力が低下すると立証された。研究チームは、肥満と男性不妊の相関関係を結論付ける。

(画像はPixabayより)


外部リンク

frontiers in Physiology
https://www.frontiersin.org/

Medical Xpress
https://medicalxpress.com/


Amazon.co.jp : 肥満 に関連する商品



  • 妊娠期のストレスホルモンは胎児の行動に悪影響を及ぼす(8月20日)
  • Tdapワクチンと自閉症に関連性はない(8月19日)
  • 免疫細胞が性行為に影響する(8月18日)
  • 「NPO法人Fine」が「渋谷のラジオ」で番組放送(8月17日)
  • 名古屋で「女医の妊活塾」が開講(8月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    妊活基本情報



    お問い合わせ