Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

【浦安市】「不妊治療研究」が終了

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























【浦安市】「不妊治療研究」が終了

このエントリーをはてなブックマークに追加
浦安市
3割以下の費用で卵子凍結・保存が可能
千葉県浦安市が「卵子・卵巣凍結保存技術を活用した不妊治療研究」の終了を2018年2月5日(月曜日)に公式ホームページで発表した。

浦安市
「卵子・卵巣凍結保存技術を活用した不妊治療研究」は、少子化対策の一環として浦安市の補助のもと順天堂大学医学部附属浦安病院が行っていたもの。

浦安市民であれば通常の3割以下の費用で卵子凍結・保存を利用することが可能となっていたが、当初の予定通り2018年3月31日(土曜日)をもって終了。卵子凍結を希望する人は31日までに手術を受ける必要がある。

あなたの「産みどき」を考えるセミナー
「卵子・卵巣凍結保存技術を活用した不妊治療研究」による卵子の凍結手術を希望する人は、採卵時に34歳以下であることと、事前に順天堂大学医学部附属浦安病院による「社会性不妊治療研究セミナー」の受講が条件となる。

「社会性不妊治療研究セミナー」は基本的に毎月最終火曜日の前週の火曜日に行われており、開講時間は19時から20時30分までとなっている。

場所はJR新浦安駅前の「浦安市民プラザ wave101」。順天堂大学浦安病院の菊地盤准教授が講師を担当する。

セミナーについての情報は、順天堂大学浦安病院公式ホームページおよび浦安市公式ホームページなどで閲覧可能だ。

(画像は浦安市公式ホームページより)

(画像は順天堂大学医学部附属浦安病院公式ホームページより)


外部リンク

浦安市公式ホームページ
http://www.city.urayasu.lg.jp/index.html

順天堂大学医学部附属浦安病院公式ホームページ
http://www.hosp-urayasu.juntendo.ac.jp

浦安市民プラザ wave101公式ホームページ
http://www.urayasu-kousha.or.jp
Amazon.co.jp : 浦安市 に関連する商品



  • 不妊治療における「痛み」に関する記事が公開される(5月25日)
  • 「NPO法人Fine」理事長によるコラムが公開される(5月25日)
  • 泌尿器科医師による「男性向け妊活情報サイト」(5月25日)
  • 子宮内の一酸化炭素濃度が子供の肺機能に悪影響を与える(5月24日)
  • 産婦人科医師による「働く女性の健康」セミナー(5月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->